FC2ブログ

夏色のシンデレラ

P5030022.jpg

魔法は解けた筈なのに、なぜガラスの靴だけが残ったのか。

答えは意外に簡単だ、ガラスの靴は魔法で生み出されたものじゃなくて、魔女がくれたものだから。

魔法が解けるように、夢のような日々も終わる。

人生もたぶん、そんな感じなんだろう。

ああ、こういうことを考えたな、実際、あっちゅー間だったなと、死に際の床で思い出す日が、思いの外、早く来るかもなんて、思ったり思わなかったり。

いや、まだ僕は想像力が貧弱だ。

テメェが床で死ねると思ってるもの。

おそろしく惨めな最期を神様がプロミスしてくれたから、僕はたぶん畳の上では死ねない。

こんなこと続けてたら、死体も発見されないような処理されてオシマイだ、ジエンド。

バッタモンのトカレフなんかで撃たれたくないよ。

せめてベレッタとか純正品で。

先輩!

それレベッカ。



まだ辛うじて魔法の解けてなかった日々。

毎回毎回、風俗で写真撮って帰ってくることよりも、そんな頻繁に通えた自分の力強さと経済力に驚くよ。

朝行って、夕方また行くとか、アタマおかしいもの。

そんな日々の記録ですので、ダウンロードしてください。

不義理にも、もう名前も忘れた風俗嬢のはにかんだ笑顔も載ってます。

無料枠で結構ですので。


靴が落ちてた。

ガラスの靴は靴擦れしないのかな?

あとシンデレラの足って、凄く臭そうなんだけど。

カボチャの馬車をレンタルして、ダンスに行きたいな。

夢の舞踏会で二人は、ワルツを踊れるのに。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

Comment

Comment Form
公開設定

ONDC

大阪NKDS童貞クラブ

大阪の街とスナップ写真を愛する写真家集団。馴れ合いは好きだけど、基本的に馴れ合わない(馴れ合えない)ストイックな集団。入退会自由。意思表示として、このバナーを自分のブログやサイトに貼り付けるだけです。NKDSにも童貞にも深い意味はありませんが、そこに意味を求めたいロマンティックウォーリアーズです。

プロフィール

まめ

Author:まめ


大袈裟に言えば、その刹那、僕の琴線に触れたものを、好きなカメラで撮ります。

誰のためでもなく、自分のためでもなく、ただ事実を残したいだけです。

写真は唯一の趣味かもしれません。

できれば、ずっと続けていきたいですが、飽きっぽいので、どうなるか分かりません。

ド素人の癖に、新車2台分くらいは、機材にお金をかけたので、もうちょっと楽しみたいです。

カメラのことは、よく分かりません。

コントラストの効いた写真が好きです。


使用機材

Ricoh GR DIGITAL I,II&III

OLYMPUS PEN E-P1
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII

Panasonic LUMIX GM1

Canon EOS 1Dx
Canon EOS 1D MarkIV
Canon EOS 1D MarkIII
Canon EOS 5D MarkIII
Canon EOS 5D MarkII
Canon EOS 7D
Canon EOS 40D
Canon EOS 20D

Fuji S5pro

Canon

EF24mm F1.4L USM
EF50mm F1.2L USM
EF85mm F1.2L II USM
EF100mm F2.8L macro IS USM
EF135mm F2L USM
EF14-40mm F4L USM
EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F4L USM
EE70-300mm F4-5.6L IS USM

Sigma

30mm F1.4 EX DC /HSM
18-200mm F3.5-6.3 DC
MACRO 50mm F2.8 EX DG
15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM

30mm F1.4 EX DC /HSM
(mount nikon for Fuji S5pro)


当ブログは、リンクフリーです。貼る(張る?)のも外すのも、ご自由に。連絡は不要です。「はてなブックマーク」を利用しているので、申し訳ありませんが、相互リンクはお断ります。

コンタクトはこちらからドーゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ村
月別アーカイブ
カテゴリ