生き急いだ人



何気なく古本屋の前に置かれていた文庫本を撮った。

たぶん、一冊100円とか、そういう扱い。

改めてデータを見ると「竹島将」の文字が。

タイトルも分からないけれど、作者名だけは写っていた。

竹島将を耽溺していたのは、高校生の頃。

「ファントムシリーズ」よりも「制覇する者」や「破滅の日」「ポセイドン・ウォー」「情報クーデター 総合情報商社の日本改造の日」なんて、ちょっと背伸びしたクライシスノベルが好きだった。

「破滅の日」や「制覇する者」に出てきた、ジャーナリストたちが格好良かった。

どっちの話も、結局日本は次の戦争に負けるというオチが、怖かった。

アメリカと海外で事を構える「制覇する者」より、まだ冷戦の最中に書かれた「破滅の日」の方が、当時としては、遙かにリアリティがあった。

竹島将が小説家としてデビューしたのが、確か84年か85年だった。

90年に事故死するまでの5年間に、30作近い小説を発表し、うち4~5冊のクライシスノベルは、一作品書き上げるのに5年はかかりそうなものだった。

確かに荒削りな文章だったけれど、今になって思えば、彼の書く姿勢は壮絶だったと思う。

「生き急ぐ」という言葉を、初めて感じた作家だった。

竹島将の作品は、もっと評価されて良いと思う。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
ONDC

大阪NKDS童貞クラブ

大阪の街とスナップ写真を愛する写真家集団。馴れ合いは好きだけど、基本的に馴れ合わない(馴れ合えない)ストイックな集団。入退会自由。意思表示として、このバナーを自分のブログやサイトに貼り付けるだけです。NKDSにも童貞にも深い意味はありませんが、そこに意味を求めたいロマンティックウォーリアーズです。

プロフィール

まめ

Author:まめ


大袈裟に言えば、その刹那、僕の琴線に触れたものを、好きなカメラで撮ります。

誰のためでもなく、自分のためでもなく、ただ事実を残したいだけです。

写真は唯一の趣味かもしれません。

できれば、ずっと続けていきたいですが、飽きっぽいので、どうなるか分かりません。

ド素人の癖に、新車2台分くらいは、機材にお金をかけたので、もうちょっと楽しみたいです。

カメラのことは、よく分かりません。

コントラストの効いた写真が好きです。


使用機材

Ricoh GR DIGITAL I,II&III

OLYMPUS PEN E-P1
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII

Panasonic LUMIX GM1

Canon EOS 1Dx
Canon EOS 1D MarkIV
Canon EOS 1D MarkIII
Canon EOS 5D MarkIII
Canon EOS 5D MarkII
Canon EOS 7D
Canon EOS 40D
Canon EOS 20D

Fuji S5pro

Canon

EF24mm F1.4L USM
EF50mm F1.2L USM
EF85mm F1.2L II USM
EF100mm F2.8L macro IS USM
EF135mm F2L USM
EF14-40mm F4L USM
EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F4L USM
EE70-300mm F4-5.6L IS USM

Sigma

30mm F1.4 EX DC /HSM
18-200mm F3.5-6.3 DC
MACRO 50mm F2.8 EX DG
15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM

30mm F1.4 EX DC /HSM
(mount nikon for Fuji S5pro)


当ブログは、リンクフリーです。貼る(張る?)のも外すのも、ご自由に。連絡は不要です。「はてなブックマーク」を利用しているので、申し訳ありませんが、相互リンクはお断ります。

コンタクトはこちらからドーゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ村
月別アーカイブ
カテゴリ