FC2ブログ

死体置き場で朝食を【本日の更新2】

P1299972.jpg

学生の頃、いしひさいちのバイトくんみたいな寮に住んでいた。

The 貧民窟。

当時流行ったトレンディドラマとは真逆の世界。

薄暗く傾いた建物で、おばけと虫と猫が同居人だった。

バルサン禁止条約に批准しなければ、入寮できない施設。

(誰かが勝手に一部屋だけバルサンを実施すると、害虫が他の部屋に押し寄せるのを危惧して、随分昔に締結されたらしい)

だったらみんなでやればいいじゃん?と、馬鹿なりに知恵を使って、各部屋や廊下で一斉に害虫駆除を行った。

隙間だらけの建物からもうもうと煙が吹き出し、いろんな生き物が飛び出して行くのが見えた。

立ちのぼる煙が、悪魔のカタチになったのは、心底驚いた。

そんなスラムで暮らすぼくたちは、同級生からは憐憫の目で見られていた。

完全に、ヒエラルキー最下層。

お可哀想なこと、みたいに。

しかし、実のところ寮生は皆、私立の芸術大学に通えるような家庭のガキばかりで、完全に貧乏生活を楽しんでいた。

レジャーとしての貧乏。

なんだそりゃ?

顕著だったのが食事だ。

ちらし寿司をおかずに白米を食べさせられたり、真冬にキンキンに冷えたおでんが出たりと、寮の賄いは総じて不評で、多くの寮生が自炊も行っていた。

自炊といっても、白米に焼肉のタレをかけただけとか、貰ってきたパンの耳と、これまたスーパーで貰ったレタスだけの野菜サンドとか、そんなレベル(ペットのウサギの餌にするからと、レタスの切れ端を奪うオッサンとは、何度もバトルになった)

食パンにハムみたいな豪華な夕餉を披露した日にゃ、完全に寮全体がお祭り騒ぎになっていた。

ちゃんと仕送りを貰っているのに、皆わざわざそんなものを食べていた。

もともと作るのが好きだったぼくは、寮を出て独り暮らしを始めてからは、ちゃんと料理をするようになった。

就職してからはほぼ外食だが、結婚してからは、妻だった人たちが作る手料理を食べた。

それがこのザマだ。

今朝の朝食は、ハムを載せた食パンと、インスタントのコーンスープ。

断っておくが、寮生活時代のように、貧乏を楽しんでいる訳じゃない。

これが食事の限界なのだ。

調理器具や食器どころか、冷蔵庫もない家では、本当にこれがリミットなのだ。

あの頃の百倍は惨め。

Now I am alone. I see the ruins alone. It's a place was a palace once really.

以前作った曲の一節だけど、自分の作ったリリックに押しつぶされそうになりながら、乾き始めたパンを咀嚼した。

明日からはまた松屋で朝定食を食べよう。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

いつかの初雪【本日の更新1】

IMG_3720.jpg

コートを着て出勤したら、電車の中で汗をかいた。

もう冬終わるの?

まだ1月だぜ?


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

風は強いが暖かい

P1289965.jpg

人生というのは、ここまで思い通りにならないものかと、失笑した夜。

酔って帰れません、迎えに来てくださいとメールする22時。

嫌な顔せず笑ってくれたクルマの行き先がどこであっても、ぼくは従うのですよ。

二日酔いの頭痛を抱えて出た外は、昨日の続きか風が強い。

数時間前の寒さが嘘のように、今日の風は暖かくて気持ちいい。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

欲しい写真は撮れなかった

P1259943.jpg

西成の人気ブロガーに「公衆電話に指名手配が釜ヶ崎クォリテイ」と紹介された公衆電話。

場所を教えていただき訪問したけれど、ご覧の通り指名手配のチラシはなかった。

今回の件からぼくが得るべき教訓は、二匹目のドジョウなどいないし、他人のふんどしで相撲をとると、インキンをうつされるリスクがあるということだ。

それはそれとして、ドラマ版の「女子高生の無駄づかい」は面白かった。

テンポ悪くなると寒くなると言われて、確かに!と危惧していたけれど、1話を見た限りでは杞憂だった。

ただ30分番組だと思っていたのに、実は60分モノだったので、途中からしんどくなったのも事実だ。

30分で十分です。

ちょっと食い足らない方がいいの。

それにしても、ドラマ版のゆるキャン△も面白かったし、久しぶりにテレビを見てる気がする。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

その数の力にもう太刀打ちできない

P1259942.jpg

知り合いの女子高生に、入選したから見に来てと言われて、久々に大阪府高等学校芸術文化祭に行った。

高校教師をしていた頃以来だ。

クオリティは様々だけど、自分の表現を見つけそうな子や、見つけたと思った子たちの作品が、おびただしい数展示されていて、見ていてめっちゃ疲れた。

もうね、壮絶な精神攻撃。

オッサンとなった今、正面からは受け止められない衝撃。

会場出た時、ぐったりしてた。

若いパワーに圧倒された感じ。

一人の作家の作品を同じ数だけ見ても大丈夫だと思うけれど、展示作品の数だけ作者がいると、その数の力にもう太刀打ちできない。

今さらだけど、勉強になった。

やっぱり表現したいという想いは凄いなと。

それも技術と魂を込めた表現。

アートって手とか技術って意味もあるんですよ。

語源的に。

そういう当たり前のことを再認識しました。

やっぱり写真は表現ではないですね。

自分の写真を作品とか言ってる馬鹿は死ねばいい。

ぼくの作ってるものなんか、小手先だけで魂がないから、恥ずかしくなっちゃったもの。

やっぱり根気よくモノを作らないとダメですなぁ、真面目な話。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

酒と泪と男とギャルゲーとアニメとラノベ

P1100242.jpg

独り、酒盗を舐めながら熱燗。

唐揚げ食ってチューハイ頼んで大騒ぎしてた頃よりも、遙かにお酒が美味しいと数年前から思うようになった。

お酒ってのは、独りで楽しむものだと思う。

べ、別に友だちがいない訳じゃないんだからね!(ツンデレ)

まぁ数少ない友人と「今日は性について語り合いましょう!」とか言って、次の日には話の内容ビタイチ思い出せない飲み会も好きだけど、それはお酒を楽しんでいるのではなく、彼との時間を楽しんでいるのだ。

唯一覚えているのは、「性能」って漢字、エロいよね?と言ったことだけ。

性感の性に、官能の能で「性能」だよ!?

独り酒、手酌酒だけど、演歌は正直、まだ良さが分からない。

この前会社のオッサンがスナックで歌った「さざんかの宿」とか、ぼーっと歌詞見てたんだけど、不倫が弾劾される今の世の中、完全にアウトじゃん?

あと先日、目を見ながら「誰かに盗られるくらいなら、あなたを殺していいですか?」って、ギリギリ越える感じの「天城越え」を歌われたけど、いいわけなかろーもん!?としか言えなかったわ!


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

キセル

P1239923.jpg

時間帯によっては駅員のいない出口で、料金不足で閉まった自動改札を突破した奴がいた。

わざわざ調べたけど、ここまで正規では450円らしい。

たった290円分の運賃を払わないって何だ?

こういうことする輩は、懐が貧しくなってるのではなくて、心が貧しくなっているんだろうな。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

その時になるまで見ていてよね その時になったら泣いちゃうかもね

P1239922.jpg

自分の中にある、希望と後悔の比率が、年々逆転していくのを感じる。

後悔なんかするもんか!って思っていたのに、辿り着いた未来は寂寥感たっぷりで、一人で飲んでいると悔恨の情に押しつぶされそうになる。

嘘でも見栄でも「今が一番楽しい」と、日和った奴らを見下していたい。

だから扁桃腺腫れてる時に唾を飲むような痛みがあるけれど、ぜんぶ日本酒で飲み下す。

熱燗は安酒の方がいい。

冷用酒は高級な方が断然美味いけれど。

何もないぼくは無敵だ。

本当に怖いものがない。

唯一恐れるとしたら、死に際に本当は後悔しているんだと、くだらない心情を認めること。

それはさすがにキリギリスの矜持に反しすぎる。

その時になったって遅いんだから、その時に泣いたって知らないんだから♪

高校の時、好きだった麻里ちゃんにCD借りたら、ケースに陰毛が入っていて、ちょっと眠れなかったあの頃に帰りたい。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

This is my average day.~思春期症候群~

_R7F9885.jpg

_R7F9887.jpg

_R7F9888.jpg

_R7F9889.jpg

_R7F9890.jpg

_R7F9891.jpg

_R7F9892.jpg

_R7F9893.jpg

_R7F9894.jpg

_R7F9900.jpg

_R7F9899.jpg

_R7F9898.jpg

_R7F9897.jpg

_R7F9895.jpg

_R7F9911.jpg

_R7F9908.jpg

_R7F9903.jpg

_R7F9902.jpg

_R7F9901.jpg

荒唐無稽な話を信じるアタマの柔らかさってものを、できれば忘れたくはないなと思いましたとさ。

小学1年生の時に、廃屋の中で見つけた宇宙船とか、あれ今でも嘘だとは思ってないし。

もしどこかの小学1年生が、UFO見つけたって言ったら、ぼくは信じる。

そんなことを考えながら、うろうろ歩いて自宅の写真を撮る。

200カットくらい撮った。

家の写真を意識的に撮ったのは、離婚の書類にサインした日以来だ。

あの日、ぼくは泣きながら彼女と暮らしていた家を記録した。

もう何年も前の話。

しあわせのかたち。

ぼくは決して幸福ではないが、不幸ではない。

毎日お酒も飲めるし、屋根ある場所で眠れるし、おっぱいだって揉めるんだもの(ただし自分の胸)

自分の胸なんか揉むかバーカ。

ゲームも出来るしアニメも見られる。

幸福ではないが、不幸ではない。

それ重要だと思うよ?

それにしても、肉眼では分かりづらいけれど、写真に撮るとホコリが凄いな。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

結婚しても互いに恋している

_C3V1828.jpg

最近、じゃりン子チエ全40巻を読んでいるんだけど、色んな発見がある。

アニメが放送されていた頃、子ども心に「これは戦後すぐの昔話だ」と思っていたんだけど、どうやら連載当時のリアルタイムだったようだ。

当時東京に住んでいた小学生に、ホルモンとかカルメラも未知の食べ物だった。

何ならお好み焼きですら、存在を知ってる程度のレベルだったもの。

単なる書き割りだと思っていた背景も、実はリアルだったんだなと、すっかり大阪のオッチャンになった今では分かる。

ヒラメちゃんが写生した「ひょうたん池」は茶臼山の池だし、同じくヒラメちゃんがテツの絵で金賞を取った美術館は市立美術館だ。

チエちゃんが日常生活を送っているのは、南海の高架や駅、クルマの多い比較的大きな道路の描写から、萩ノ茶屋駅から国道26号線の間ではないだろうか?

チエちゃんは1968年生まれらしい。

もうすっかり大阪のおばちゃんになっている年齢だ。

ぼくが西成界隈に足を運び始めたのは、大学生の頃だ。

さすがに当時、西成でホルモン食べたり酒飲む勇気はなくて、単に歩いていただけなんだけど、もしホルモン屋チエちゃんがあったなら、少し年上のいかにも西成のお姉ちゃんって感じだけど、それでも魅力的なチエちゃんに憧れたかもしれない。

そしてこれが最大の発見なんだけれど、この作品はチエの両親、テツとヨシ江さんの恋物語だったということ。

「まぁテツは今でも恋愛しとるんやな」と評した、花井先生の言葉に納得したもの。

結婚しても互いに恋しているテツとヨシ江さん、羨ましいぜ。



じゃりン子チエはご存知Amazon Kindleさんで読めます。
10巻までならアンリミテッドで無料です。
ぼくは今12巻を読んでます。まだ当分楽しめそうです。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

次回予告

P1140293.jpg

P1100244.jpg

P1160303.jpg

P1160304.jpg

千鳥足で帰宅する道のりで、唐突に現実に引き戻されて、何をやってるんだろうと思った日。

酒を飲めば飲むほど、逆に思考が鮮明になって、毛細血管の先まで意識が届くような錯覚あるでしょ?

あれ何だ?

無理矢理なリハビリで、またお酒は美味しく飲めるようになりました。

ありがとう!

現実なんて一生見ない。

死ぬまで目を背けて生きてやる所存。

自分の愚かさや生きることの儚さに気づくのが、ちょっとばかし遅すぎましたなぁ。

そうね、四半世紀くらい?

う~ん、お父さんの中で、仲間たちとのびのび泳いでいた頃に帰りたいですなぁ。

受精するために必死で泳いだのが、唯一の頑張りだった人生。

来世に期待してくれよな!


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

まちカドらぞく

P1130275.jpg

P1110256.jpg

P1110258.jpg

P1140295.jpg

「ミドルエイジクライシス」中年の危機を乗り切る!

去年読んだそんなネット記事が、数日前にまた紹介されてた。

人生ってのは思いの外に短くて、そのくせお釣りの部分っつーの?エピローグ長いなぁって感じ?

ビートルズの名曲、We Can Work it Outはポールマッカートニーの作品だけれど、Life is very shortのくだりはジョンレノンが書いた。

リリックのなかで、一番刺さるのは皮肉にもジョンが書いた部分。

昼飯に備蓄のどん兵衛食うのはさすがに飽きたので、弁当買いに駅前まで行った。

道の向こうは東成区と生野区が入り乱れた地域。

オッサンがケツ丸出しにして歩いていた。

あのオッサンのエピローグも、まだまだ長そうだな。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

冴えない親父の育て方

_C3V0504.jpg

十有五にして学に志す、三十にして立つ、四十にして惑わず?

五十にして天命を知る?

六十にして耳順う、七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず?

そりゃムリだな。

三十にして勃たず、ドーピングしてきたぼくはもう出がらしで、緑茶ではなくお湯みたいな感じ。

不惑ではなくFUCKで天命を知るどころか、新年会やる店名を前を忘れて、夜のミナミをさまよったよ。

巧いこと言ったつもりもねぇよ!

ぼくは立派なオヤジになれるのかな。

この場合のオヤジってのは、父親って意味じゃない。

ぼくはもう子どもを捨てた。

オッサンって意味のオヤジだ。

遠回りしても良かったと言える大人になりたい。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

25年も過ぎたのか

P1160317.jpg

P1160319.jpg

P1160321.jpg

女の怨念というか遺恨みたいな独占欲は恐ろしいなと思いつつ、目の前にぶら下げられた快楽に身を委ねる生活だった。

罰が下ったのかなと真面目に思って、その瞬間、恋人でもない裸の女を抱きしめて守った。

誰が見ている訳でもないけれど、最期くらい格好つけとこうと、ぼんやりと考えたのを覚えている。

揺れがおさまった。

幸い、怪我もなく生きていた。

実家に電話した。

地震直後はまだ固定電話が繋がった。

外は真っ暗で、カーラジオで状況を探るが、何も分からなかった。

北区からは街が燃えているのは見えたが、余震が多く何もできなかった。

そもそも個人でどうこうできるレベルでもなかった。

数日後、一人歩いて三ノ宮まで降りた。

女は医療機関である職場が避難所になっていて、そちらで寝泊まりすると出て行った。

大阪に戻るには徒歩しかなかった。

国道2号線を東へ向かったが、途中から電車の線路を歩いた。

みんな黙々と歩いていた。

辿り着いた梅田の街はいつもと変わらず、嬉しさよりも妙な腹立たしさを感じた。

当たり前のように電車が動いて、当たり前のように電気がついていた。

早朝出発したのに、藤井寺に戻ったのは、午後だった。

一人暮らしの部屋は、友だちが「バベルの塔」と呼んで積み上げていた、アダルトビデオが倒れて散乱していた。

それだけだった。

歩き疲れていたが興奮しているのか眠れそうにもなかった。

何日かぶりに風呂に入って、大学に行った。

食堂で大盛りのカツ丼を食べてから、研究室に向かうと、後期試験は予定通り実施しますと書かれていた。

ここの教員は鬼かと思った。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

貴公はそのヒットラーの尻尾だな。

_C3V0009.jpg

_C3V0032_20200116122642350.jpg

_C3V0028_202001161226412d4.jpg

_C3V0035.jpg

「み~んな元気にしょう店街」の幟もむなしく、シャッターが閉じた商店街。

この日は日曜日。

日曜だから休んでる?そんな馬鹿な。

川の向こうのイオンモールは大繁盛。

日本中で見られる光景だ。

商店街の活性化を模索する地域もあれば、そのまま朽ちるのにまかせるエリアもある。

ここは後者?

こういう場所に貼られているポスターは、圧倒的に野党。

もしくは自民党じゃない与党。

集約した利己主義を誑かしたときに、無能どもが跋扈する。

思考思索をやめたり、人生を他人に委ねると、たぶん人間は不幸になる。

だから、しんどくても考えないと。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

自分を裏切るのは、いつだって自分自身

P1130287.jpg

P1130286.jpg

ぼくは基本的に宗教に対して否定的ではない。

自分はまったくもって無宗教なんだけど。

偶像崇拝ってのを拡大解釈すると、アイドルヲタって信者なんだな。

そうか、信者って既に言われてるか。


自分しか信じない、なんて言う人、たまにいるよね。

そういうの、たいてい、面倒くさい奴。

で偉そうに言う割には、何の実力実績もないゴミ虫。

自分しか信じないってのは、きっと自信のなさの裏返しなんだろう。

虚構虚勢虚無。


だけど嘘でも自分しか信じないって言える人は凄いと思う。

だってぼくなんか、自分を一番信用してないもの。

自分を裏切るのは、いつだって自分自身だ。

自分自身ってのはチンコって意味ではないけど、そういう意味でも通じるって今気づいちゃった。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

毎月14万円貯金できる方法が見つかりました

P1130276.jpg

P1130281.jpg

P1130278.jpg

先々月の給料日から先月のPaydayまで、1ヶ月限定のつもりでお小遣い帳をつけました。

毎日飲みに来やがって、浪費しすぎだ!と、知り合いのバーテンに指弾されたので。

毎日カネ使って怒られるとか、有り得ないんですけどー?

出費額を検証した結果、贅沢なんかビタイチしていないのに、エンゲル係数46%という、おそろしい現実が可視化されました。

圧倒的に毎日の夕食。

毎日の飲み屋。

場末の居酒屋でもチリツモで結構な金額になるんですね。

一回の支払いはたいしたことないのに。

それを反省しつつ、今月は多少慎ましやかに暮らしてみました。

もう一ヶ月、お小遣い帳つけて確認です。

エンゲル係数が高いなら、食べなきゃいいじゃない?

外食しなきゃ問題ないでしょって感じで。

そのために引きこもるのを心がけました。

仕事終わればまっすぐ帰り、日曜は外出しない。

ほら、これでカネ使わないもの。

おうちでオタ活に従事すれば、ソト飯は要らんじゃろ?という安直な理由。

ギャルゲー買い込んでやってたら放置していたPS2が壊れてて、結局PS4より高い金額で新品購入なんてアクシデントもありましたが、結果は非常に節約できたようです。

食費ですが、先月比、マイナス14万円!

一気に14万円も圧縮なんて有り得ないだろ!?

あるんです!

週7日の外食を2~3回に減らすと、ここまで減らせるのです。

東洋経済とかダイヤモンドが取材に来るんじゃね?ってレベル。

ちなみに自宅では基本的にどん兵衛食ったり食パンにハム挟んだりピザ取ったりしてました。

あとカップのみそ汁にしゃぶしゃぶ用の餅をぶっ込んで雑煮とか。

赤貧の大学生か!

オッサンがプレステのコントローラー握って食パン囓るとか、惨めさMAX乙女心って感じですけど、実際存在が惨めなんで仕方ないと諦めました。

エンゲル係数も激減しましたが、これは副収入が少なかった11月と違って、12月は結構収入があったことが要因なので、あまり参考にはなりません。

追い風参考記録。

先週からのお酒飲みたくない病がこのまま継続したら、普通の人のような食費に落ち着くかもしれませんね。

こういう守りに徹するライフハックは、好きじゃないんですけどね。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

ナイショの話

_C3V0013_20200113085948f0b.jpg

_C3V0018.jpg

_C3V0014_2020011308594934f.jpg

恒例の明るいウチから外で飲む会のお誘いがあって、4日ぶりに飲みに行ったが、まったく美味くなかった。

相方が生ビールを2杯か3杯飲み終わっても、一杯目のジョッキが終わらない。

いつもはぼくの方が早く飲み干すというのに。

だったら甘いの飲むかと、酎ハイにシフトしたけれど、これもダメ。

最後に熱燗をチョイスしたけれど、美味しいマズイ以前に、カラダが欲していないと気付いた。

まさかの3杯で撤収。

いつもの1/3~1/4の酒量。

酔う筈もない。

おいおい、困るぞ、お酒嫌いになったら。

夜をどう過ごす?

どうやって睡魔を呼ぶ?

酒を飲まない数日間で気付いたこと。

夜が異常に長い。

目覚めが意外に快適。

起きたとき、喉の渇きが少ない。

寝起きにポカリ一気飲みしなくても平気だ。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

押しつけがましいセンチメンタリズム

_C3V0003_20200112162812ae2.jpg

そこら中に稚拙な歌を貼り付けてるオッサンの見当は付いている。

嘘か本当か知らないが、大阪ではトップクラスの北野高校を出たという、ライクアルンペンなジジィ。

こんなリリックを鈴なりに貼り付けたチャリで、天王寺生野東成の、魔のトライアングルに出没してるのをよく見かける。

アカ丸出し、丸出しアカ。

こういう紙をそこら中に貼り付けているけど、それ軽犯罪法に触れるで?

昔はこの人の「作品(笑)」を「街のニキビ」だと形容して肯定的に見てたけど、人の生き死にまで安易にコミットし始めてからは、正直気持ち悪いと思っている。

ゴミ箱が近くにあったら剥がして捨てるんだけどな。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

ドラマ版ゆるキャン△

P1110265a.jpg

P1110265c.jpg

アマゾンのプライムビデオで、ドラマ版の「ゆるキャン△」を見た。

開始5分で、作り手が愛情を持って制作しているのが分かった。

アニメ版は原作を裏切らなかったのと同様に、ドラマ版は良い意味でアニメ版に寄せてきていた。

キャストのしゃべり方とか、BGMとか。

次は「女子高生の無駄づかい」が楽しみなんだけど、こっちはどうなんだろうね。

アニメとか原作通りに、良い感じになっているのか。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

朝ごはん、散歩、読書

P1110248.jpg

P1010117.jpg

P1010116.jpg

チェーンの定食屋で朝ご飯を食べてから西成を散歩。

いつの間にか新今宮の地図から飛田新地が消えている。

ここを歩いていたら、結構な頻度で飛田の場所を訊かれるのに。

声を掛けてくるのは、圧倒的に台湾人のオッサンだ。

コンビニでコーヒーを買って、三角公園のベンチで本を読む。

本といってもKindleだけど。

大好きな九曜作品、「槙坂涼は退屈を好まない。」を再読。

何回目かなんて、もう覚えてない。

西成の三角公園でKindle本とか、我ながらシュールな光景だ。

本を読み終えて、さて今日はどうやって過ごそうかと歩き始めた西成警察の前でタクシーに乗る。

で、今帰宅。

たぶん、このまま寝て終わってしまうな。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

流行ると良いな。GR biyori、蕩れ

P1100229.jpg

P1100228.jpg

P1090226.jpg

P1090227.jpg

コンビニやレストラン、ラーメン屋など、主として個人事業なお店の前で揺れているトリコロールの旗(三枚目)

大阪の千日前通りを歩いていると、めっちゃ目にするんだけど。

どこの国旗なんだろうね?

国旗なの?(分かってて書いてます)

ぼくも入信すればメジャーデビューできますか?


もう二日間も禁酒してる。

ぼくとしたことが。

禁酒というか、酒を受け付けない。

今日は午前中、仕事で試飲会に行ったけど、気持ち悪かった。

ニオイが既に無理。

午前中から試飲会って何だよ?

まぁ夜やるよりは、料理のコストが抑えられるって魂胆だろうけれど。

琥珀色の液体を一口舐めたら頭痛がしてきた。

このままお酒嫌いになったら困るぞ?

去年から一年間、ずっとお酒のボトルデザインとか、販売戦略とかやってきたけど、下戸になったら絶対に務まらないよね?


アタマ痛いので帰宅。

今日の仕事は終わったのだ。

ぼくの人生同様に。

古いアニメ(それほど古くないものもある)の、ぼく的にきゅんきゅんきたシーンばかりを思い出して見てる。

月がきれいの最終回とか、エロマンガ先生の「ラノベ主人公!」とか、宇宙よりも遠い場所で、メールがめっちゃ届くシーンとか、戦場ヶ原が言葉をほしがるシーンとか。

ぼくもラノベ主人公、アニメ主人公みたいな人生を送りたかった。

嘘。

送りたくはない。

というワケで寝ます。

さよおなら、プリッ!


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

This is my average day.~孫娘がいる生活~

P1090214.jpg

P1090219.jpg

P1090218.jpg

P1090222.jpg

P1090221.jpg

数日前、ピークは過ぎたが、それでもUターンラッシュが続いている新大阪駅で、おばちゃんに声をかけられた。

誰だ?と訝るが、どこかで見たことある顔。

何よりぼくを名前で呼んでいるから、宗教の勧誘でもなさそうだ。

おー!久しぶりやんけ!変わってなさすぎやろ!?と今度はオッサンが声をかけてきた。

ああ、大学の同級生の網代(本名)くんだ。

言われてみれば、おばちゃんの方は、ブサイク極まりない同級生で、網代くんの嫁さんだ。

変わってないといえば、むしろ嫁さんの方だろう。

思い出してしまえば、記憶の中のブサイクと、寸分違わぬブサイク具合だ。

ブサイクで老け顔だと、年取っても変わらないという厳然たる事実。

年相応だったぼくらが、やっと彼女に追いつく感じ?

同窓会でも開けば、変わってないわねぇと姦しいトークの中心になれるかも。

なれないかも。

3年生の時にできちゃった結婚した彼ら、とっくに離婚してるだろうと思ったのに、まだ赤ん坊を抱いてる。

どんだけお盛んなんだよと思ったら、孫娘とのこと。

40代で孫がいる生活。

想像すらできんよ。

----------------------------------

GR biyori*
GR biyori* 2nd
GR biyori*三発目
GR biyori*4th season

とブログを続けてきた僕ですが、昨日で写真ブログは14年目に突入してたみたいです。

この4th seasonも、来月で10年になります。

継続は力なりとは言いますが、無駄な継続は何も生み出さないことも判明しましたな。

今日もうえべっさんらしいです。

早いなぁ。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

あえて言おう、カスであると!(オレが!)

P1080211.jpg

P1070210.jpg

P1080212.jpg

P1080213.jpg

人間のカスであるぼくのランチは、駅で立ち食いする「かすうどん」です。

朝起きたら病院でした。

あ、病状が悪化したワケではありません。

もっとアホな理由。

酩酊してまた転んだらしい。

急性アルコール中毒って、おじさんでもなるんだね。

昨日お財布に6諭吉ズがいたのに、一人もいなくて焦った。

レシートは3枚。

通い慣れた居酒屋で1.7万円くらい。

これいつもの三人(一人はまったくアルコール飲まない)だとしたら、明らかに飲み過ぎで食い過ぎ。

客単価2,740円の店で何でこんな金額になる!?

レシート持ってるってことは、たぶんぼくが払ってる(我々に割り勘文化はない)

払った記憶ねぇ。

心斎橋のツタヤで、マンガとDVD買ってる。

1.2万円くらい。

日本橋の信長書店でAVとTENGAも買ってる。

ここも1.2万円くらい。

マンガもDVDもAVもTENGAも、どこにもない。

あとのお金はどこへ消えた?

諭吉二人分くらいが行方不明。

でもカメラ紛失しなかっただけ、良かったとするか。

今日からしばらく禁酒します。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

あなたを想って描きますねと、彼女は言った

PC210522.jpg

あなたのことを想って、描きますねと彼女は言った。

割と親しくしている女の子。

彼女のラテアートは、近隣に大学に通う女子大生に人気だ。

はい、どうぞと出されたカフェラテには、ハートのマークが描かれていた。

あ、そういうことね、2020年、ぼくらもう少し先に進んじゃう?と思いつつ、カップを写真におさめた。

「タマネギです」と彼女は、少しはにかんで言った。

まめさん、時々タマネギのニオイしてますから、と。

加齢臭!!

(ぼくは一部方面でリアルにまめさんと呼ばれてます)


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

誤魔化した過去

_MG_0111.jpg

放課後、教室の後ろにあった誰かのギターをじゃかじゃか弾いていたら、女子生徒がやってきた。

うるさくてアホで見た目ギャルの、もう大嫌いなタイプの女。

せんせーギター弾けるんやーミュージシャンなるのが夢とかー?と言われて驚いた。

夢?

おめぇオッサンに何言ってんの?

夢なんかあるか、ここがもう最終地点の入り口じゃ!

さすがにそこまで本音を言えるわけもなく、俺もうオッサンやで?夢なんかないよと応えた。

ギャルはあからさまに落胆した様子で「そうなんや」と呟いてどこかに行った。

あれ確か26歳だった。

今に比べたら全然オッサンじゃねぇし!

というか、本当は夢、あったんだよな。

まともに喋るのが嫌で、テキトーに誤魔化した自分を少しだけ後悔した。

おもしろ半分で虫を殺した時みたいな、そういう後味の悪さ?

女子高生の無駄づかいで、担任のワセダが自分が低所得Pであるとヲタに告げるシーンを見て、不意に思い出した。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

ウタヒメ

P1040197.jpg

P1040203.jpg

難波の駅前で歌ってた女の子。

名古屋から来たChihiroさん

何時間でも聴いてられるようなメロディと声でファンになってしまった。

立ち止まって聴こうと思ったのは、マイクもアンプも使ってなかったからだ。

バンドではなく、路上弾き語りでマイクとか使ってるヤツは、絶対に聴こうとは思わない。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

ファインダーの向こうのキミに……恋をした。

P1030158.jpg

P1030151.jpg

P1020140.jpg

P1020145.jpg

P1020149.jpg

あっという間に三が日終了。

この調子で気付いたらまた大晦日だぜ?

で、これまた気がついたら、死に際なんだろうな。

ああ、なんて無意味な人生だったんだろうって、道端で悔恨の白い涙を流すんだろう。

流さねぇよ!

さすがに死に際に白い涙は流さない。

そもそもぼくは死に際でも後悔しねぇ。

多分しないと思う。

しないんじゃないかな?

ま、ちょっと覚悟はしておく。

この正月は、久々に正月らしい正月でしたな。

正月らしい正月?

こんな正月あるワケねーだろ!?

大変だったけど、人には言えねぇ。

言いたくもねぇ。

三が日の平和な時間帯は、ゲームしてました。

「キミキス」「アマガミ」「フォトカノ」を頑張りました。

家にいるときは眠くても頑張ってプレイしました。

わざわざPS2を新品で買ってプレイしました。

あとアニメ見ました。

久々に「エロマンガ先生」と「冴えない彼女の育て方」を見ました。

冴えカノの二期は途中でしんどくなって見てなかったので初視聴です。

後半、ヤングだった頃の自分を思い出して辛くなりました。

今の方がもっと辛いのにネ!

ぼくの場合は物語と違って、袂を別けたクリエイターたちとは二度と会えませんでしたけど。

あとはラノベ部門として「廻る学園と、先輩と僕」を全巻読みました。

何回目だよ。

初売りでガンプラと美少女フィギア買いにも行きました。

マトモな大人の正月じゃねぇな。

素敵過ぎるよ。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

うちのWi-Fi名はHUMAX-OF421でPWは6zyt8m59yyzです。

P1010108.jpg

P1010107_20200103002531a12.jpg

P1010106.jpg

P1010121.jpg

P1020125.jpg

どーしたもんかね?

新年早々、人生八方ふさがりですよ。

月亭八方。

八方って何ですか?

東西南北にあと南東とか北西とか、そういうのですよね?

では北北西か南南東は突破できるのではないか!?

ほかほか亭に進路をとれ!(ヒッチコック)

八方がふさがっても地面と空に逃げる方法はあるんですよね?

ないですよね?

だってぼくには地面を掘る術も、空を飛ぶ能力もないんだもの。

翼がほしい。

いま~、わたしの~願いごとが~、かなうな~らば~、おカネがほしい~♪

翼どこ行った?

いや、翼は買えるもの。

だからカネだ。

カネで解決できないものはない!

自分でまいた種ですが、自分では刈り取りたくありません!

100万200万のはしたガネじゃ、もーどーにもなんねーんだよ!


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


元旦恒例西成あいりん地区詣

P1010109.jpg

P1010111.jpg

P1010113.jpg

P1010114.jpg

P1010115.jpg

元旦は恒例の西成あいりん地区詣。

一枚目、座り込んで一生懸命小銭を数えるオッサンの背中。

何回数えても一緒やで?

少し歩いて西成警察の前で、知り合いのおっちゃん夫婦に遭遇。

おっちゃんは写真家でありギタリスト。

お互いに撃ち合う。

向こうはGRだ。

三枚目は三角公園。

このオッサンたちは去年も演奏を聴いたし、写真も撮っている。

ベースもドラムもたぶん練習ゼロというか、演奏曲を知らない感じのいい加減さ。

このエリアのみで許される緩さで笑ったが、オッサンの歌は何かしらないけれど、心に響いた。

あれオリジナルなのかな?

ステージに上がった酔っ払いのジジィが聴衆に向かって「オマエら自分を信じて生きろ!」ってシャウトしたのを聞いて、ちょっと泣きそうになった。

いや、オマエらもぼくも、信じるに値する自分なんてねぇだろ?(笑)

賑やかな三角公園周辺から外れると、いつも以上に寂しい風景。

見慣れた場所なのにね。

久しぶりにジャンジャン横丁の大興寿司に行くが、大好物のホタテの醤油焼きが恐ろしいほどクオリティダウンしていて萎えた。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


ONDC

大阪NKDS童貞クラブ

大阪の街とスナップ写真を愛する写真家集団。馴れ合いは好きだけど、基本的に馴れ合わない(馴れ合えない)ストイックな集団。入退会自由。意思表示として、このバナーを自分のブログやサイトに貼り付けるだけです。NKDSにも童貞にも深い意味はありませんが、そこに意味を求めたいロマンティックウォーリアーズです。

Facebook Page
プロフィール

まめ

Author:まめ


大袈裟に言えば、その刹那、僕の琴線に触れたものを、好きなカメラで撮ります。

誰のためでもなく、自分のためでもなく、ただ事実を残したいだけです。

写真は唯一の趣味かもしれません。

できれば、ずっと続けていきたいですが、飽きっぽいので、どうなるか分かりません。

ド素人の癖に、新車2台分くらいは、機材にお金をかけたので、もうちょっと楽しみたいです。

カメラのことは、よく分かりません。

コントラストの効いた写真が好きです。


使用機材

Ricoh GR DIGITAL I,II&III

OLYMPUS PEN E-P1
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII

Panasonic LUMIX GM1

Canon EOS 1Dx MarkII
Canon EOS 1Dx
Canon EOS 1D MarkIV
Canon EOS 1D MarkIII
Canon EOS 5D MarkIII
Canon EOS 5D MarkII
Canon EOS 7D
Canon EOS 40D
Canon EOS 20D

Fuji S5pro

Canon

EF24mm F1.4L USM
EF50mm F1.2L USM
EF85mm F1.2L II USM
EF100mm F2.8L macro IS USM
EF135mm F2L USM
EF200mm F2.8L II USM
EF14-40mm F4L USM
EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F4L USM
EE70-300mm F4-5.6L IS USM

Sigma

30mm F1.4 EX DC /HSM
18-200mm F3.5-6.3 DC
MACRO 50mm F2.8 EX DG
15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM

30mm F1.4 EX DC /HSM
(mount nikon for Fuji S5pro)


当ブログは、リンクフリーです。貼る(張る?)のも外すのも、ご自由に。連絡は不要です。「はてなブックマーク」を利用しているので、申し訳ありませんが、相互リンクはお断ります。

コンタクトはこちらからドーゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ村
月別アーカイブ
カテゴリ