言葉尻

今朝の桜

_1040388.jpg

雨上がり。

太陽が覗く。

開いたばかりの花弁は、誰にも見られることなく、風に舞って水たまりに落ちた。

大丈夫、僕は見ていた。

僕だけは見ていたから。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

こんな結末認められるかよ!

P1040407.jpg

運命ってのは、自己責任の結果的、あーこれが運命だったかーと認めるものであって、鑑定するとか変えるとか、そんなもんじゃない。

今すぐ死ねば良いような人間が、今日も偉そうに息をして、本当に大切だった人が、美しく若いままこの世からいなくなった現実が運命なら、もう受け入れるしかない。納得ではなく、受け入れるしかないんだもの。

受け入れるしか方法がないもの。それが運命なんだろう。

どうこう言ったり、あまつさえ商売にするようなヤツはホント屑だ。漢字の屑より、カタカナのクズの方がぴったんこなクズ具合。

それ以前に、自分の運命を鑑定した方が良いんじゃない?と思った、路地裏の鑑定屋。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

破裂するで

P1040361.jpg

破裂するほどのチカラは、もう残ってはいない。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

孤独のメッセージ(Message in a illustrator)

P1040347.jpg

一本煙草を吸って席に戻ると、こんなメッセージが。

真実だし面白いとは思うけど、こんなことは中学時代に既に言ってたよ。

どこまで行っても、君は僕の背中に追いつけないんだね。

でも先週の「容疑者はいまだ避妊を続けている」は多少評価してもいい。

中学時代に考えた、「犯人に告ぐ!無駄な性交はやめて、手でしなさい!」には劣るけど。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

安西水丸氏への感謝

_1040343.jpg

出張中に、訃報を知る。

安西水丸氏は、イラストレーターではなく、小説家として僕は多大な影響を受けた。

文学作品に関しては、上代中古から流行りモノまで、相当な量を読んだと自負しているが、影響を与えられたと自覚するほどの作家との出会いは稀だ。

安西氏は、僕にとっては、本当に大切な作家だ。

そんな安西氏の作品でも、一番好きなのが「70パーセントの青空」だ。

これがまだ文芸誌の趣を残していた月刊カドカワに連載されていた時、僕は高校生だった。

舞台は1964年の東京。

僕が生まれる、まだずっと前だ。

この作品に出会わなければ、僕は広告の仕事なんかしていなかったし、外国に行くこともなかった。

もっと言えば、芸術大学にも行かなかったかもしれない。

僕の人生は、大げさでもなんでもなく、この物語の主人公の生き方をトレースしてきただけなのだ。

物語は、主人公が渡米するところで終わる。

その先は分からない。

分からないまま歳月が流れ、もう永遠にその続きを知ることはできなくなった。

渡米後の作品も存在するけれど、それはこの「70パーセントの青空」の続きではない。

いい加減、僕は僕自身で、この物語の続きを紡がなければならないんだろう。



安西水丸氏のご冥福をお祈りします。

あなたの作品に出会えて、幸福でした。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

ドラゴンヘッド

_R7F7277.jpg

僕の出張は、いつだって嫌がらせとしか思えない乱気流オンリー。

マジでゲロする5秒前に羽田に着くのが定番コース。

でも今回は違った。

窓から御覧の通りの富士山が見える平和。

毎回じゃなくていい、3回に1回は、こういうフライトを希望します。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

I have a bad feeling about this.

_1040330.jpg

これ見てスターウォーズを思い出す俺はオッサン。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

誰にも分からない

_1040213.jpg

交通博物館で鉄道模型が走るのを見て、帰りのロマンスカーの中でジュースを買って貰うのが、子どもの頃の特別な日曜日の一つだった。秋葉原がまだ純然たる電気街だった頃だ。

大阪にも同じような施設があって、それは子ども時代の記憶とリンクする、僕にとっては大切な場所だった。

また一つ、僕の記憶の紐が消える。

それは仕方のないことだけれど、やはり寂しい。



交通科学博物館閉館のお知らせ

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

踊る東京タワー

遠春

_MG_0856.jpg

春はまだ遠い。

大阪も、少し北に行けばこんな感じだ。

嘘だけど。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

ワークスタイル

P1030842.jpg

俺は格好で仕事してる訳じゃないってのが口癖の先輩だから、僕のワークスタイルも理解してくれていると思っていたのだが、打ち合わせにジーパンで来たら怒って一言も喋らない。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

春が来た

P1040047.jpg

陽射しが暖かい壁。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

路地の魅力

P1040058.jpg

本通りより一本入った感じの路地が好きになったら、おっさんの印かもしれない。

地元というか、都会の路地も魅力的だけど、出張で訪れる地方都市の路地がいい。

土地の酒と肴で一杯やりつつ、小さな非日常を感じるのは好きだ。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

手を伸ばせ

P1040069.jpg

どんなに手を伸ばしても、届かないものがあるのは、厳然とした事実だけれど、本気になれば、意外にどんなものにでも掴める気がする。

陳腐な青春ロックではなくて、大人の意見として。

中途半端に伸ばすなら、最初から手を引っ込めろ。

知恵と努力。

こいつさえあれば、たぶん、何だって手に出来る。

才能ってのは、努力出来るかどうかってことだ。

努力を効果的に継続する知恵。

必要なのは二つ。

環境のせいにするのは、甘えてるか本気じゃない証拠。

異論は認めない。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

もう疲れたよ

P1030752.jpg

教会で力尽きた僕を、全裸の天使(17歳~21歳までの日本人女性)が数人で取り囲み、御輿のように担いでフィニッシュさせてくれるコースでお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

ヨドバシやビックカメラのせいじゃない

P1030715.jpg

つまらない家電量販店。

欲しいものがない。

あれもそれも持っている。

どれもこれも興味はない。

そんな感じ。



本当に欲しいものは手に入らないことを、僕は経験的に知っている。

そもそも僕に、欲しいものなんて、ない。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

寒寂~三角公園~

P1000724.jpg

P1000725.jpg

見上げる街頭テレビは、意外にも地デジ対応の薄型テレビ。

アナログ放送終了時に、寄付金で購入したんだってさ。

おっちゃんの一人が教えてくれた。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

どちらにしようかな 天の神様の言う通り 柿の種 アブラ虫 卵が割れた もひとつ割れた 指輪のおっさん指切った

_1030672.jpg

F1グランプリを誘致してだね、鈴鹿と交互で日本グランプリを開催してよ。

コースはモナコのような市街地。

西成区を爆走するの。山王町をスタートして、あいりんを通り、飛田新地を巡るコース。

その候補者に投票する。

リカルド、失格なん?

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

この列車はあなたの行きたい駅には止まりません。

P1030688.jpg

俺は特急列車。

もの凄いスピードで、びゅんびゅんエキを飛ばす。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

P1000042.jpg

浣腸を求めて、ドラッグストアを探す道のり。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

かすうどん

IMG_3658.jpg

時間もカネもないサラリーマンの昼食は、駅の立ち食い「かすうどん」で決まり。

素揚げした「油かす」と言われるホルモンが入ったもので、昔は南大阪でしか食べられなかったB級品が、ソウルフードとして市民権を得たのは、この十年くらいかい?

人間のカスである僕にはぴったりのうどん。

人間のクズと言われるよりは、人間のカスと言われたほうが、まだヒューマンビーンぽくていいやね。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

Reuse

P1000280.jpg

僕の人生も買い取ってもらえないかい?

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

箱のチカラ

_1020882.jpg

何かの手違いだったと今では思うのだが、きちんとした美術館で二度個展をしたことがある。

きちんとした、なんて書いたけど、きちんとし過ぎていて、館の名誉のためにも、名前は出せないレベル。

うち一つにいたっては海外だ。

僕が創るのはインスタレーションなんだけど、我ながら相当お寒い内容だ。

そんなものでも、立派な「箱」の中で展示すると、なんだか凄いものに見えるから不思議だ。

美術館という「箱」のチカラは、その辺のギャラリーなんかでは到底出せない、凄まじいものがある。

そして最高を知ってしまう不幸というのか、生意気にも僕は、街のギャラリーやカフェ(もちろんそこそこ場所を取るインスタレーションなので、カフェではそもそも不可能なのだけど)からお誘いがあっても、美術館じゃなきゃ嫌だもんねーと、断ってきた。

ホント生意気な勘違い野郎で申し訳ありませんでしたー!って感じ。

そういう態度だとやっぱり嫌われるし、相手にもされなくなる訳で、僕はこの十年間では、一度しか個展をしていない。

高望みばかりしてきた十年だった。

ちゃんと求めてくれる人がいるのに、それを足蹴にしてきた。

だからモノを創っても、発表する場がなかった。

せいぜいネットで写真を見せる程度。

でもインスタレーションってのは、写真に撮って見せても仕方がない。

空間そのものを感じて貰わないと、まったく意味がないんだもの。

そして僕の興味は、インスタレーションや造形から、写真そのものに移って久しい。

幸い、最近は反省して社交的になっているので、またお誘いして貰えるようになり、去年はグループ展に参加させて貰ったり、新進気鋭(←の割にオッサンで申し訳ない)の写真家として、その手のサイトに写真を載せて貰ったりもした。

自分の身の丈に合った場所から、少しずつ歩き始めないとなぁとも思うようになったのは、多少人間として成長したってことだろうか?

僕が個展やったら見にきてくれるかい?

小さなカフェやギャラリーからスタートしようかと思うんだけど。

なんて殊勝な気持ちを一気に萎えさせる、金沢21世紀美術館の箱のチカラ。

知名度も実力もないけど、どこかでっかい箱に、僕を入れてはくれないか?

無い物ねだりなのは分かってるというか、単に戯れ言なんだけどね。


写真は金沢21世紀美術館にある、レアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」です。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

筋を通す潔さと茶番の同居。もしくは独り相撲。

P1030639.jpg

選挙は民主主義の必要経費ってのは賛成だけど、今やることかい?

市民も府民も、都構想なんか興味あるのかしら?

義務教育を立派に終えた僕ですら、都構想って何?って訊かれて、なんとなくしか答えられないもの。

「全ては次世代のために」なんてコピーも、手垢たっぷりで辟易。

僕をブレーンにしたら良かったのに。

もっとまともなコピーを考えてあげたよ?

僕ら大阪の人間は飽きっぽい。

だからもっとわくわくさせてくれないと。

あ、市長さんも大阪人だから、もしかして飽きた?

投票したい人がいないのに選挙に行かせるって、どんな拷問よ?

マック赤坂に入れちゃおっかなー。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

家路

P1030628.jpg

帰る場所を作るのは容易ではない。

帰る場所を壊すのは容易だ。

よーいどん(言いたかっただけ)

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

水の都

壊れかけのレディオウェーブ

_1030308.jpg

京橋駅前にて。

この人って、大阪駅によくいるおばちゃんと同一人物なのかしら?

同一人物であってほしい。

こういう人、たくさんいらないもの。

アートだとしたら、かなり不愉快。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

きれいごとはもうたくさん

_MG_0258.jpg

悪いことをしてでも、勝った者が強いらしいから、僕は悪いことをするようになった。

僕を弾劾するなら、まず自分たちの姿勢を省みな。

僕を変えたのはあなた方の生き方だ。

あなたたちの教えてくれたルールで、僕はあなた方を残らず亡き者にしてあげます。

もっと不様に命乞いしてよ。

勝者ってのは、気持ちいいね。

ありがとう、教えてくれて。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

TV & Me

_MG_8421_20140307190955e17.jpg

I'm not blind and inside my mind.

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
ONDC

大阪NKDS童貞クラブ

大阪の街とスナップ写真を愛する写真家集団。馴れ合いは好きだけど、基本的に馴れ合わない(馴れ合えない)ストイックな集団。入退会自由。意思表示として、このバナーを自分のブログやサイトに貼り付けるだけです。NKDSにも童貞にも深い意味はありませんが、そこに意味を求めたいロマンティックウォーリアーズです。

プロフィール

まめ

Author:まめ


大袈裟に言えば、その刹那、僕の琴線に触れたものを、好きなカメラで撮ります。

誰のためでもなく、自分のためでもなく、ただ事実を残したいだけです。

写真は唯一の趣味かもしれません。

できれば、ずっと続けていきたいですが、飽きっぽいので、どうなるか分かりません。

ド素人の癖に、新車2台分くらいは、機材にお金をかけたので、もうちょっと楽しみたいです。

カメラのことは、よく分かりません。

コントラストの効いた写真が好きです。


使用機材

Ricoh GR DIGITAL I,II&III

OLYMPUS PEN E-P1
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII

Panasonic LUMIX GM1

Canon EOS 1Dx
Canon EOS 1D MarkIV
Canon EOS 1D MarkIII
Canon EOS 5D MarkIII
Canon EOS 5D MarkII
Canon EOS 7D
Canon EOS 40D
Canon EOS 20D

Fuji S5pro

Canon

EF24mm F1.4L USM
EF50mm F1.2L USM
EF85mm F1.2L II USM
EF100mm F2.8L macro IS USM
EF135mm F2L USM
EF14-40mm F4L USM
EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F4L USM
EE70-300mm F4-5.6L IS USM

Sigma

30mm F1.4 EX DC /HSM
18-200mm F3.5-6.3 DC
MACRO 50mm F2.8 EX DG
15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM

30mm F1.4 EX DC /HSM
(mount nikon for Fuji S5pro)


当ブログは、リンクフリーです。貼る(張る?)のも外すのも、ご自由に。連絡は不要です。「はてなブックマーク」を利用しているので、申し訳ありませんが、相互リンクはお断ります。

コンタクトはこちらからドーゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ村
月別アーカイブ
カテゴリ