21世紀

PA298909.jpg

PA298908.jpg

PA298911.jpg

PA298910.jpg

少年の頃に思い描いた21世紀とは、ずいぶん違うんだけれど、やっぱり色んな意味で、あの頃では想像もできない未来に、僕たちは住んでいるんだなぁ。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

STRANGE LIFE

PA288884.jpg

風が吹き抜けた後に、残る小さなメロディ。

髪をかき上げる、君の後ろから迫る影が、独りへ誘い込む。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

毎日が非常事態

PA278854.jpg

僕の人生は基本的に毎日が非常事態。

SOS発信するけど、もう誰も信号を受信してはくれない。

「エースのペア、マイペアレント、切り札にも見切り付けられて」って歌があったが、最後の砦だった両親の援助も打ち切られて久しい。

金銭的な意味じゃないって書こうとしたけど、結局、世の中の問題を解決するのはカネな訳で、そういう意味で、もうどこからも援護射撃ナッシング。

護送船団の真ん中で、ミサイルなんか絶対届かない場所にいられたあの頃、カムバック。

精神的な愛情は、お腹いっぱい。

時々、小言を食らうくらいで許してもらえた、お父ちゃんの金色家族カードよ、もう一度。

あの素晴らしい愛を、二度三度。

プリーズ!!

贅沢なんてしたくない。

僕はただ、欲しいモノが買えて、好きなものが食えて、行きたい国に自由に行ける生活さえあれば良いのです。

働かなくても、不自由なく生きられるだけで、それ以上は望んでないの。

仕送り、復活してくれないかなぁ?月に50万円くらいでいいから。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

酔生夢死の夢という字は、夢精の夢と同じだね

PA258834.jpg

PA258836.jpg

PA258843.jpg

PA258845.jpg

少し肌寒くなった街を歩く。

年末の浮き足だった空気が、すぐそこまで来ているのを感じる。

新しい年がくれば、また同じ一年を繰り返す、疑いもなくそう信じていたのは、今となっては昔話。

人生を逆算すると、もう手遅れになってしまったことばかりで、ただ生きてきただけの、無意味な己のイキザマをプチ後悔。

澱の中を歩くように、歩くことが目的になった数年間。

それはそれで、意味のある時間だった筈なのに、許せない自分がいる。

「自分の人生はどこに向かうんだろう?」

そう思って見上げる空に、いつだって最初に浮かぶのは、サンタクロースの衣装を着た半裸のお姉ちゃんたちの前で、「俺のツリーを見て!」と、デコレーションした股間を晒している己の姿。

もっと真面目に、もっと真摯に、もっと慎ましく生きてきたシーンだってある筈なのに、浮かんでくるのは、決まっていつかのメリークリスマス。

僕は走り閉店間際、君の欲しがったスケベ椅子を買った。荷物抱え電車の中、一人で幸せだった(ウケてると勘違い)

信号待ちの交差点。止まったタクシーの窓に映った僕の顔に、夕陽が射していた。

僕の人生も、そろそろ夕刻なのかもしれない。

暗くなる前に、家に帰りたいが、僕には家路が分からない。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

心地よい場所

PC313164.jpg

PC313137.jpg

PC313162.jpg

PC313135_20121024201854.jpg

自分にとって心地よい場所を見つけるのは難しい。

ここは違うな。

そう思ったとき、場所もまた、僕を異端として感じている。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

そこに何があったのか

PA208797.jpg

PA208800.jpg

PA208801.jpg

PA208802.jpg

ほんの少し目を離した隙に、姿を変える街。

変わったところで誰の心も動かさない程度の街なのかもしれないし、ほんの少しでも目を離した人間が、単に懐古主義で批判するのも、片腹痛い。

いろんなものが、こうして少しずつ無くなっては生まれ、カタチを変えて行くんだろう。

ただそれだけだ。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

Beat goes on

_O0F9308.jpg

So long, so long
Someday all the world will sing my song
Still life amaze
Somewhere in my heart the beat goes on

FMから流れる曲を聴きながら、対岸の景色を見ていたら、なぜか涙が出た。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

ちょっと画像大きくしてみた。

日本橋終了

PA208783.jpg

PA208785.jpg

PA208786.jpg

かつては活気に満ちていた日本橋。

オタロードはまだしも、日本橋筋というか堺筋は目も当てられない。

ニノミヤが潰れたあたりから、萌えビジネスが台頭したが、それが皮肉にも一般人の日本橋離れに拍車をかけた。

ジョーシンの店舗がどこも暗くて乱雑になってきているのが、株主としては心配。

潰れる前のニノミヤと、同じような雰囲気だもの。

そういう僕も、たいがいの買い物はビックカメラで済ませるようになっちまったしな。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

long time ago

IMG_9531.jpg

幸福すぎて、幸福なことにすら気づかなかった時間。

君がまだ元気で、馬鹿な話を毎晩したっけ。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

ねぇもう少し正直でいいんじゃないか?

P6280358.jpg

飲んでも飲んでもいくら飲んでも酔えない夜は、確かにある。

でも酔うんだよ。

思考は明瞭だけど、エンドレスリバース。

そして自己嫌悪のまま、夜が明ける。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

スポーツ新聞とおじさん

_4047778.jpg

あんなにも胸をときめかせた、スポーツ新聞のエッチなページ。

あの頃の胸の高鳴りを失ったのは、何歳の時なんだろう?

それでも凝視するエッチなページ。

凝視せずにはいられない、魔法のページ。

風俗の広告から、何かしらの暗号を発見しようと、疲れた脳味噌をフル回転させる終電間際。

そんなおじさんに、私はなりたい。

世の中の女性は、スポーツ新聞のエッチなページを堂々と読むおじさんたちに、もっと憐憫の心を持つべきだ。

セクハラだとか、気持ち悪いとか、そんな思考停止した薄っぺらい言葉で、おじさんを弾劾しないで。

エッチなページに見入るおじさんのハートは、性欲からは最も遠く、憧憬に一番近いのだから。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

あの日描いた未来とは何か少し違ってるけど

_0010412.jpg

バーボンバックが美味い夜は、明らかに体調が悪い。日本酒が美味い夜は、その逆。

あの日憧れた、格好良い大人に僕はなれたんだろうか?

なれちゃいない。

表面上はなれたかもしれないけれど、中身はグダグダなままだ。

たぶん、僕は一生、このままだ。

都合の悪いことから目をそらしたまま、つまらない一生を終える。

それはそれで、悪くはない。

もう来世に期待してるもの。

今度生まれて来る時は、美少女になる。

美少女になって、世界中からちやほやされて、何の苦労もなく玉の輿に乗ってやる。

そういうシナリオでよろしくお願いします(イメクラで分厚い台本を出しながら)

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

人は、変わってしまう

_0010817.jpg

友達だった人間が、すっかり変わってしまった。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

久々にGRで撮る

_4047771.jpg

ブログのタイトルがGR biyoriなのに、ここ数年、ほぼまったくGRを使っていなかった。

僕が写真を趣味にするきっかけとなったカメラだけど、妙に色あせて感じた。

しばらくはGRを使ってみて、感覚が戻ってきたら4を買うか。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

不要品

PA148771.jpg

お前が要らないものは、俺もいらない。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

今夜もありがとう

PA128769.jpg

お世話になってるAV女優を間近に見るのは、特別な興奮を呼ぶ。

それは確かに事実だけれど、勢い終わって賢者タイムになった時の虚しさは計り知れない。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

From the New World

P9288712.jpg

P9288709.jpg

P9288711.jpg

P9288706.jpg

しょうもないシャレではなくて、この街にはドボルザークの「交響曲第9番」の第二楽章が似合う。

10年ちょっと前なら、第四楽章だったから、随分と大人しくなったものだ。

山王町の交差点を越えると、そこは第四楽章の似合う街だけど。

というか、交差点より向こうは、「ワルキューレの騎行」をBGMにしたい。

まぁワーグナーどうこうよりも「地獄の黙示録」のイメージだけどね。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

ゲシュタルト崩壊

Show the flag

_MG_0141.jpg

日の丸は美しい。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


千鳥足でいつもの路地を

P9288678.jpg

P9288681.jpg

P9288680.jpg

「いいじゃないか昼酒」なんて書かれた雑誌にあっさり感化され、仕事を途中で放棄。

本当は人生を放棄したいんだけどねーと呟きながら、昼間から飲んでも不自然じゃない西成区へ。

スタンディングスタイル、要するに立ち飲みに入るオッサン連中を唾棄していた筈なのに、これほどコスパの優れた社交場はねーぞと、今では全肯定。さらば、ヤングブラッド。立ち飲み万歳。

立ち飲みはもちろん、昼から飲むなんて、心底嫌悪していた僕。

あれから何年過ぎたのか、今の僕にはもう分からない。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

77 bombay street

さよならは八月のララバイ

P9288683.jpg

P9288682.jpg

P9288684.jpg

P9288685.jpg

阪堺電車今池駅。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

深夜に常識を学ぶ

_MG_8613_20121007164626.jpg

時々声をかけて撮らせてもらうのだが、深夜のストリートにいる子たちは、総じて礼儀正しい。

人を見かけで判断する割には挨拶すらまともにできない、自称常識人どもは、彼らの爪の垢でも煎じて飲めばいい。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

不安

_H4P7764.jpg

ぼったくり系めいどカフェが存在するらしいので、怖くて日本橋に行けない。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

ビエンナーレ

P5108794.jpg

二年に一度くらい無性に食べたくなり、二年に一度、猛烈に後悔する。

あと、天下一品のCMに苛々してるのは、僕だけじゃないと信じたい。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

紅葉にはまだ早い。このカップルには、脚がない。

PB161030.jpg

仕事で近くまで来たので、長谷寺に寄ってみた。

もちろん、まだまだ紅葉の季節ではない。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

+ Read More

真夜中の歩道橋

_MG_8598.jpg

_MG_8604.jpg

_MG_8602_20121005113449.jpg

_MG_8605.jpg

「急がば回れ」ってパラドックスは、好きではない。

急いでるなら、回ってる場合じゃねーだろ?って思うから。

僕みたいなバカには、結果的に早かったろ?なんて安堵よりも、今この瞬間の問題を解決する方が大切だから。

そういう意味でも、歩道橋って好きじゃない。

人生に、歩道橋ライクなもんなんてないんだもの。

僕はどんなに交通量の多い場所でも、道路を渡る。

そしてクルマやバイクや自転車やウォーカーギャリアに跳ね飛ばされて、重傷を負う。

実生活の話じゃなくて、メタファーなんだけど。

ボロボロで痛くて、もう死にかけ。

それでも僕は、人生の歩道橋を渡らない。

そんなものは存在しないから。

ちょっと何言ってるのかよく分かりません。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

開店

趣味の遺伝

PA038745.jpg

PA038746.jpg

PA038747.jpg

PA038750.jpg

PA038748.jpg

興味がわくとのめり込むタイプ。

とにかく情報が欲しくて、専門誌を片っ端から購入し、隅々まで読む。

道具を使うものなら、人よりも良いモノが欲しくなる。

ある程度見極めが付くようになれば、自分の技術や経験などお構いなしに、プロ機材を求める。

下手の横好きを隠しもせずに、結果を人に見せて自己満足。

どういう訳か、新聞や専門誌に取り上げられる。

やっぱ俺才能あるんだわ~と調子に乗る。

基礎的な知識や技術がないから、すぐに頭打ち。

何となく楽しくなくなる。

専門誌の購読をしなくなる。

道具に関して無頓着になりはじめる。←イマココ

他にやりたいこと、興味があることが見え始める。

興味がわくとのめり込むタイプ。

以下、エンドレス。

タイトルの漱石の小説とは、何も関係がないと書こうと思ったが、オヤジも似たような感じだ。

趣味は遺伝する。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

This one

_MG_1138.jpg

_MG_1320_20121003110349.jpg

_MG_1187.jpg

僕がそれをしなかったのは、もっといい機会を待っていただけなんだ。

まぁ結局、そんなものは来なかったんだけど。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
ONDC

大阪NKDS童貞クラブ

大阪の街とスナップ写真を愛する写真家集団。馴れ合いは好きだけど、基本的に馴れ合わない(馴れ合えない)ストイックな集団。入退会自由。意思表示として、このバナーを自分のブログやサイトに貼り付けるだけです。NKDSにも童貞にも深い意味はありませんが、そこに意味を求めたいロマンティックウォーリアーズです。

プロフィール

まめ

Author:まめ


大袈裟に言えば、その刹那、僕の琴線に触れたものを、好きなカメラで撮ります。

誰のためでもなく、自分のためでもなく、ただ事実を残したいだけです。

写真は唯一の趣味かもしれません。

できれば、ずっと続けていきたいですが、飽きっぽいので、どうなるか分かりません。

ド素人の癖に、新車2台分くらいは、機材にお金をかけたので、もうちょっと楽しみたいです。

カメラのことは、よく分かりません。

コントラストの効いた写真が好きです。


使用機材

Ricoh GR DIGITAL I,II&III

OLYMPUS PEN E-P1
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII

Panasonic LUMIX GM1

Canon EOS 1Dx
Canon EOS 1D MarkIV
Canon EOS 1D MarkIII
Canon EOS 5D MarkIII
Canon EOS 5D MarkII
Canon EOS 7D
Canon EOS 40D
Canon EOS 20D

Fuji S5pro

Canon

EF24mm F1.4L USM
EF50mm F1.2L USM
EF85mm F1.2L II USM
EF100mm F2.8L macro IS USM
EF135mm F2L USM
EF14-40mm F4L USM
EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F4L USM
EE70-300mm F4-5.6L IS USM

Sigma

30mm F1.4 EX DC /HSM
18-200mm F3.5-6.3 DC
MACRO 50mm F2.8 EX DG
15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM

30mm F1.4 EX DC /HSM
(mount nikon for Fuji S5pro)


当ブログは、リンクフリーです。貼る(張る?)のも外すのも、ご自由に。連絡は不要です。「はてなブックマーク」を利用しているので、申し訳ありませんが、相互リンクはお断ります。

コンタクトはこちらからドーゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ村
月別アーカイブ
カテゴリ