evergreen

_MG_1941.jpg

デタラメと呼ばれた君の夢の、
続きはまだ胸の中で震えてる。

唐突に胸の中に甦るフレーズ。

しかしありゃgreenじゃなくて、freeだったなと失笑。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

思い出

_MG_1969.jpg

桜金造しか思い浮かばない、TDL。

もう10年以上通っているけど、何にも良い思い出がない。

というか、辛いことしかなかった。

もちろん今年も。

じゃあ何故行く!?

仕事だからさ。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

ハーイ

_MG_1564.jpg

福島原発がハーイしてるAAを貼ろうかと思ったが、不謹慎すぎるのでやめた。

というのは嘘で、このスタイルシートだと、AAが崩れてしまうのでやめた。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

カレー蕎麦哀歌

_MG_1821.jpg

立ったまま食べる蕎麦を、蕎麦屋のそれと同一視して、優劣を語るなんて馬鹿げている。

立ち食い蕎麦は、蕎麦屋の蕎麦とは、完全に別ジャンルの食べ物なのだ。

今、僕的に一番アツイのは、カレー蕎麦だ。

もっとも立ち食いでは敬遠されそうなカレー蕎麦。

カレーうどんに比べて、市民権が明らかに得られていないカレー蕎麦。

そんなカレー蕎麦が愛おしい。

今、大阪中の立ち食い蕎麦屋で、カレー蕎麦を喰らおうと、日々、行脚中。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

もう死にたいと呟いた

_MG_0580.jpg

疲弊した顔で君は、もう死にたいと呟いた。

肩を落として煙草を吹かす君は、年齢よりも老いて見えた。

死んだことにして、保険金だけ貰いたい。

いや、それは死にたいじゃなくて、カネが欲しいだけだろ!?

しかも保険金詐欺だ。

大丈夫、お前は死ねないから。

無意味に無駄に、生保にカネを払い続けて、一生を無事に終えるから。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

ホームタウン

_MG_1896.jpg

振り返り、見上げる駅。

いつまでのこの街が、僕のホームタウンだったら良かったのに。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

_MG_0865.jpg

雪解けが始まって、まだ寒いこの場所にも、春はやってきた。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

増殖

_MG_1610.jpg

さらに増える新バージョン。

悔しいが気になる。

初めて見たのは、もう3年以上前のはず。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

ハコ

_MG_0579.jpg

深夜、交番に警官がいなくて不安じゃないかって?

そんな事はまったくないよ。

治安が良いから?

ンな訳ない(笑)

パトカーもチャリのお巡りさんも、ガンガン巡回してるから。

昔、こんなVシネマ見たなって世界。

何だったっけ?

あ、クライムハンターだわ。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

逆転ブルース

_MG_0578.jpg

閉塞感。

メンヘラ気取りで世界中の不幸を背負ってます的なガキの頃の方が、まだ余裕があった失笑の事実。

袋小路。

袋小路実篤。

取り敢えず言ってみる意味なんか知るか。

金も名誉も何もねぇ素寒貧、一番ないのは多分時間だ。

今までの人生と、これからの人生、短いのは確実に後者。

108歳まで生きて、16歳の美少女の上で腹上死なんて戯言は、言いたくても言えない。せめて年金貰うまで生きたい。還暦までには自分探しの旅を終わりたい。

遠泳の46歳なんて冗談で言ってきたけど、僕もカヲルさんも、油断したらそんな年齢なんてあっと言う間だ。あっというま劇場。

ほんの少し、あとほんの少しだけ手を伸ばせば、すべてをひっくり返すことが可能な気がする。

それはきっと錯覚ではなく、事実。ただどっちに向かって手を伸ばせば良いのか、僕にはまるっきり分からない。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

ある意味、悪意ある写真。

_MG_1784_20120320183743.jpg

_MG_1716.jpg


何だかんだ言っても、日本は平和だ。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

大阪

_MG_0597.jpg

大阪は今日も活気に溢れ 
またどこからか人が来る
振り返ると 
そこは灰色の町

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

Why we're all part of the masterplan.

_MG_0582.jpg

人生なんて、誰かの掌の上で踊ってるのと同じなんだよ。

その誰かなんて、僕は知っちゃこっちゃない。

雨上がりの夜、呟きながら歩く。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

お見送り

R0011355.jpg

毎日僕を敬礼で見送り、敬礼で出迎えてくれる軍曹。

ドラえもんがいたらなぁ、なんて台詞を耳にするけれど、あんな出来損ないの機械なんかいらない。

友達になるなら、絶対にケロロ軍曹だ。

ポコペン(アニメ版では気を遣ってペコポン)を滅ぼしてもいいから、来てくれないかなぁ。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

違法広告

_MG_0563.jpg

「電柱広告」と「電柱に広告」というのは、基本的にまったく違う。前者は後者に含まれ、かつリーガル。後者は多くの場合イリーガル。要するに違法。

集客を見込み、顧客に信頼を得る場合、普通の思考回路なら違法な広告なんか出す訳がない。

もっとも、この人たちには違法とかそういう概念なんてないんだろうけど。まともに抗議とかすると、心底めんどくさいことになる。

「すべて日本のせいニダ!!謝罪を要求するニダ!!」

関わるとろくなことがない。

多少なりとも賢いブレーンがいるなら、「営利目的ではない政治団体等の行事集会の周知徹底なら、大阪市の許可は要らない」と逃げるのかしら?

それなら21日の午後1時を過ぎた時点で、全部撤去するんだろうね?

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

なりませんけど?

P3148611.jpg

なれませんけど!?(ストリークのネタ)←分かる人だけ分かれば良い。



にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

奇跡

P3038531.jpg

奇跡って、割と頻繁にあるんだなと思ったり思わなかったり。

欲張りな僕は、別の奇跡を望んでいる。

それは、本当の奇跡で、叶えばもう、神様がいるとかいないとか、そういう次元じゃない世界の話だけど。

でも僕は見つけたんだ、奇跡のカケラを。

偶然と呼ぶには、文字通り奇跡的な、出会いだけれど。

どん引きされそうだから、黙ってるけどね。

だけど、希望なんだよ。

僕の希望。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

商談成立

DSCF0007.jpg

飛び込みで営業に来た彼女。

世間ズレしてない感じが可愛くて、普通は飛び込みで提案したら怒られるような内容だけど、契約をした。

社に帰って偉い人には褒められたらしいが、先輩社員たちにはやっかまれたらしい。

素直に新人の功績を認めてやりゃいいのに。

本人も信じられなかった様子だけど、ちゃんと書類にハンコして、契約完了のピースサイン。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

青色吐息

P3138609.jpg

確定申告終わった。

副業の収入が本業より多いと、この時期、とんでもないことになる。

ちなみにタイトルは間違い。

青息吐息が正確な日本語だと、元国語教師として言っておこうか。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

尿意ドン!

P3128602.jpg

大阪に来るまで、白昼路上で小便をしている大人なんか、見たこともなかった。

今は当たり前に見るけど、どういう思考回路で、その行為に及ぶのか、真面目に詰問してみたい。

下手したら路地裏ではなく、大通りの植え込みなんでも、自由気ままになさってる人がいる。

具体的によく見るのは、千日前通りの難波~鶴橋間だ。

難波~鶴橋なんて、地方都市で喩えると、最も人通りの多い場所よりも、さらに人が多いような場所なのに。

営業中のサラリーマンがクルマを止めて、クルマと植え込みの陰に隠れる感じでしてるのが、一番目撃する。

酔っぱらいではなく、シラフのリーマン。

コンビニ行くとかGS入るとか、解決方法はいくらでもあるだろ!?


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

新作発見

P3028481.jpg

一昨年の夏にも気になって載せたのだが、やっぱり人捜しの貼り紙ではなかったようだ。

完全に違うものになっている。

この爺さんの詳細、御存知方、いらっしゃいませんか?


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

あれから

WEEKENDRE

_0016989.jpg

週末の通勤電車は、スーツ姿の人はまばらで、それでもネクタイを締める人を見ると、妙にシンパシーを感じてしまう。

決してくたびれた表情は見せず、背筋を伸ばして仕事に向かう彼らも、僕に同じような感情を持ってくれるといいな。

いつもはOASISとSugerplum Failyが流れるiPodだけど、週末だけは吉井和哉のWEEKENDERをチョイスする。通常版とライブ版2曲の3曲をエンドレスリピート。ウィークエンドも仕事してるのに。

ARBのホリディみたいな悲壮感がないのが良いね。

遠回りしても良かったと言える大人になりたい。そのフレーズがたまらなく好きだ。

僕は多分、そう言える大人になった気がする。

地下鉄の駅に下りる直前、振り返って見える東京タワーは、週末も働いた自分へのご褒美。

WEEKENDER 吉井和哉


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

朝焼け

_MG_6792_20120309151737.jpg

降りそうな空だなと思って、もう一度寝たら、雨になった。

一雨ごとに、春がやってくるんだろう。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

新ダイヤ、搬入

_MG_0554.jpg

また時刻が変わるみたいだけど、都会に暮らしていれば、何分に電車が来るかなんて、さして重要ではない。

保守点検の問題もあるだろうけれど、午前3時くらいまで電車走らせてくれたら、助かるんだけどな。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

雪国少女

夕陽に別れを告げて

PHOTO SPOT

P3038534.jpg

ここで撮れなんて言われたら、絶対に撮らない。

むしろお前を撮ってやる。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

欄干に映る高層ビル

語るべき過去

P3028471.jpg

二十歳そこらの僕は、自分に語るべき過去がない事に苛立っていた。

そんなガキに過去を語られても、失笑されるだけなのに。

人生の一大事は、常に自分の半径3メートル以内で発生し、当時の僕は、些細な喜怒哀楽を、さも重要な出来事みたいに捉えて、深刻ぶって歩いていた。

無意識の取捨選択を繰り返しながら歳を取り、忘れる程度の事、忘れたい事は忘却の彼方に押し込めてきた。

それでもこの年になって気がついたら、やはりあの日の出来事は、僕にとっては、語るべき過去として、心の一部分を占めていた。

大袈裟に言うのならば、僕の人格を作り上げた、大きなファクターでもあったのだ。

過去をやり直すことなんて出来やしない。

そんなことは理解しているし、後悔だけで自分を袋小路に追い込むほど、純粋でもなくなってしまった。



僕は、記憶を上書き保存した。

僕のファイルの更新日時が、二十年近い歳月を経て、変わったのだ。

僕はただ、あの頃の自分に伝えたい。

それはお前のこれまでの人生と同じくらい先の未来だけれど、必ず報われる時はやってくるのだから、ふてくされずに生きろ、と。

気の遠くなるような、遙か先の話だけど、と。

あの日見た梅の花も、春雨に濡れていた。

濡れた花とリンクする記憶は、ずっと僕に気持ちの悪い頭痛を連れてきた。

だけどもう、僕は梅の花を眺めることを、恐れなくていい。

それはひどく感傷的な気持ちだけれど、それでも未来に続く、ポジティブさを含んでいる。

僕にもまだ、未来はある。

そして僕には、語るべき過去があるのだ。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
ONDC

大阪NKDS童貞クラブ

大阪の街とスナップ写真を愛する写真家集団。馴れ合いは好きだけど、基本的に馴れ合わない(馴れ合えない)ストイックな集団。入退会自由。意思表示として、このバナーを自分のブログやサイトに貼り付けるだけです。NKDSにも童貞にも深い意味はありませんが、そこに意味を求めたいロマンティックウォーリアーズです。

プロフィール

まめ

Author:まめ


大袈裟に言えば、その刹那、僕の琴線に触れたものを、好きなカメラで撮ります。

誰のためでもなく、自分のためでもなく、ただ事実を残したいだけです。

写真は唯一の趣味かもしれません。

できれば、ずっと続けていきたいですが、飽きっぽいので、どうなるか分かりません。

ド素人の癖に、新車2台分くらいは、機材にお金をかけたので、もうちょっと楽しみたいです。

カメラのことは、よく分かりません。

コントラストの効いた写真が好きです。


使用機材

Ricoh GR DIGITAL I,II&III

OLYMPUS PEN E-P1
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII

Panasonic LUMIX GM1

Canon EOS 1Dx
Canon EOS 1D MarkIV
Canon EOS 1D MarkIII
Canon EOS 5D MarkIII
Canon EOS 5D MarkII
Canon EOS 7D
Canon EOS 40D
Canon EOS 20D

Fuji S5pro

Canon

EF24mm F1.4L USM
EF50mm F1.2L USM
EF85mm F1.2L II USM
EF100mm F2.8L macro IS USM
EF135mm F2L USM
EF14-40mm F4L USM
EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F4L USM
EE70-300mm F4-5.6L IS USM

Sigma

30mm F1.4 EX DC /HSM
18-200mm F3.5-6.3 DC
MACRO 50mm F2.8 EX DG
15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM

30mm F1.4 EX DC /HSM
(mount nikon for Fuji S5pro)


当ブログは、リンクフリーです。貼る(張る?)のも外すのも、ご自由に。連絡は不要です。「はてなブックマーク」を利用しているので、申し訳ありませんが、相互リンクはお断ります。

コンタクトはこちらからドーゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ村
月別アーカイブ
カテゴリ