マイクロフォーサーズ愛好家、集まれ!

反省はしてる。後悔はしていない。



PH013_002.jpg

今日は久々に、心底何もしないまま一日が終わろうとしています。

やっぱ徹夜でゲームなんかしちゃダメよ。

高校生や大学生なら、まだ体力にモノを言わせて、学校でもバイトでも乗り越えたけど、オッサンが完徹明けで勤労とか、真面目に自殺行為だもの。

職場で二回も寝ちゃった。

寝たというよりは、気を失ったというのが正しい落ち具合。

睡眠薬貰ってる人間とは思えない落ちっぷり。

船を漕ぐっていうの?

突然がくん!ってなって、首が痛くなっちゃたよ。

今日は「SIREN2」なんかやらずに寝ましょう。

そうしましょう。

一回終わらせたゲームでしょ?

でもハードモードでクリアすると、隠しステージがあるんだよねぇ。

ちょっとやってみたいんだよねぇ。

ウィー。

起きてる時間は、こんなの作ってた。

昼前にポストしたヤツは、タイトルのロゴが雑だったけど、包茎部長はさらに雑だね。

仕事だったらどっちもやり直しレベル。

侍の方はAVというより、B級シネマだよね。

ダメだこりゃ。

もうちょっと頭が働いている時に、リベンジしたいと思います。

反省のために、載せておくよ。

今日は飲まずに寝ます。

写真は素材集です。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

架空のAVパッケージデザインコンテスト



昨日、帰宅して、下手したら10年近く使ってないプレステ2を引っ張り出して、「SIREN2」というゲームをやりました。

気づいたら午前7時を過ぎていました。

すっかり内容を忘れていたので、かなり怖かったです。

話の内容が、なかなか頭に入らないので困りました。

馬鹿になってるんですね。

そんな本日、やる気がまったくないので、「架空のAVパッケージデザインコンテスト」を開催しました。

参加者は僕だけですが。

AVのパッケージって、見ているようで、見てないんですね。

お手本ナシで作ったので、何だかウソっぽいというか、素人臭いです。

だからといって、職場でAVのパッケージ眺める訳にもイキません。

よろしければ、皆さんもご参加ください。

レギュレーションはただ一つ、AVのパッケージを見ないで作る!

ご自分のブログに貼るのはためらわれるでしょうから、データを送ってください。

こちらで発表します。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

夜汽車に乗って



ずいぶん前の話だが、日曜に梅田界隈で飲んでいた。

たぶん一人で飲んでいた筈だ。

飲むのにも飽きて、帰宅のため大阪駅の環状線ホームに立った。

心底嫌なことがあった時で、明日会社行きたくねーなーと思いながら電車を待っていたのだが、すべてのホームの列車が一瞬途切れて、松本清張みたく、一番向こうのホームが見えた。

いかにも遠くに行きますよー!的な列車が止まっていた。

近くにいた駅員に、あれどこ行き?と聞くと、長野行きの夜行列車だと教えられた。

発車時刻までまだ時間があったので、切符売り場で長野までの乗車券と、グリーン券を買った。

会社は休むことにした。

ほんと心底どーでもよかった。

ウィスキーの小瓶を買って、車窓を眺めていたら、いつの間にか眠っていた。

長野に着いたのは早朝。

閑散とした道を善光寺まで歩いた。

長野から直江津に行き、金沢で降りて風俗店でもあればと歩いたが発見できず、寿司を食って大阪行きのサンダーバードに乗った。

翌日出勤すると、無断欠勤にもかかわらず、怒られなかった。

今、夜行列車が度々登場するラノベの「RAIL WARS! -日本國有鉄道公安隊-」を繰り返し読んでいるけど、そういえばもう、気楽に夜行でどこかに行くという感じではなくなっている気がする。

気になって、夜行列車がどれだけ残っているか調べてみた。

全滅。

もうこの国には、夜行列車なんて残っていない。

大阪からサンライズに乗っても楽しくないし。

高校生の頃から、出鱈目な時間に駅に行き、何も考えないで夜行列車に乗るのが好きだった。

真っ黒な車窓を眺めながら、物語の主人公にでもなったつもりで、夜明けを待った。

そういうある意味贅沢な遊びが出来ないのは、時代の流れとはいえ、何だか悲しい。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

遙か昔、8月の記憶



交換留学生選抜試験の英語が致命的に悪かったという理由で、僕のド短期留学先からニューヨークとロンドンが外された。

別に学びたいものがあるわけでもなく、ぶっちゃけタダで海外に行きたいという、不純きわまりないモチベだったので、「キミ、韓国語履修してるならソウルにしませんか?韓国語の成績も良いみたいだし」と言われて、行きます!と即答した。

世間には韓流という言葉もなければ、嫌韓なんて感情もなかった。近くて遠い、よく分からない国というのが、当時の韓国に対する日本人の認識だった気がする。

第二外国語で履修した韓国語の成績が良かったといっても、それは授業のレベルが恐ろしく低かっただけの話だ。「クゴスン、ヨンピル インニカ?」「アニエヨ、イゴスン チャドンチャガ インニダ」(それは鉛筆ですか?いいえ、これは自動車です)という、強烈な例文は、いまだに忘れられない。

ろくな準備期間もなく、僕は金浦空港に降り立った。日本のように、英語中国語韓国語の親切な道案内がある筈もなく(当時は日本も、英語表記くらいだったかもしれないが)、さすがにちょっと舐めてたかも、と飛行機を降りた瞬間後悔した。ハングルは読めるが、読めるだけで意味なんて分からなかった。イゴスン ヨンピル インニダ(これは鉛筆です)と何度も呟いた。絶対に使うことのない韓国語だったし、それを知っていても、もちろん何の役にも立たなかった。

8月のソウルは恐ろしく暑くて、嗅いだことのない異臭が空気全体に満ちていた。大学で日本史を勉強している学生が迎えに来ると聞いてはいたが、もう帰りてぇーと、心の底から思った。

入国審査を終えて、到着ロビーに出ると、漢字で僕の名前を書いたウェルカムボードを持った女性が立っていた。僕よりほんの少し年上に見える、清楚な雰囲気の美人だった。髪がもの凄く黒くて綺麗だと思った。

彼女の前に進んで、僕は名乗った。「こんにちは」と、流暢な、でも少し訛った感じで、彼女は言った。緊張しながらアンニョンハセヨと言うと、彼女も韓国語で応えながら微笑んだ。

あ、ダメだ、一目惚れする。笑顔を見た刹那、そう思った。一目惚れなんて軽薄な感情を、生まれて初めて感じた瞬間だった。

でもそう思った時に、僕はもう恋をしていた。

あの日、僕は19歳だった。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

使い道のないハイクオリティフォトを、法外なお値段でご提供します。



どうして良いのか分からないくらい、忙しいです。

忙しいけれど、ブログを更新するくらいの時間はあります。

ささやかな現実逃避です。

それぐらい良いだろ!?

「小人閑居して不善を為す」ってのは、暇な奴はついついシコってしまうって事だと、中学生の頃は思っていました。

まぁ世間で思われてる「小人閑居して不善を為す」の意味も、だいたい間違っているので、今さら訂正する気もありませんが。

気になる人は正解をググってみてください。

で、本来の意味で閑居して不善を為す感じで、とにかくそんな事やってる場合じゃないけど、誰も見てないならやっちまうか!?的に、今やりたくて仕方ないのは、人殺しです。

あ、違う。

さすがに違う。

今やりたくて仕方ないのは、ストックフォトのサイトです。

前にも書いたかもしれませんが。

書いてないかもしれませんが。

ストックフォトのサイトを作って、写真を販売したい。

もちろん全部僕が撮った写真です。

需要がどこにあるんだ!?って写真を、すべて有料で販売します。

鼻毛とか使ったティッシュとか、そういう写真。

食べかけの牛丼とか、自分のへそとか。

作るなら本気で。

写真だけじゃなくて、ピクトグラムとかベクトルデータも販売したい。

金儲けが目的じゃないの。

何だコレ!?みたいなモノを、大まじめに売るという行為が大事なの。

アートなんだよ、それじたいが。

あとはKindleで写真集を販売したい。

これも需要あるのか!?的なモノを売りたい。

もともと電子ブックを作ろうと思っていたんだけど、初期投資が数百万って時点で、頓挫しています。

会社に買わせて、1アカウントだけ貰うのが現実的ですし、僕の働きをもってすれば、数百万の経費など、会社(というか社長)は、払ってくれるとも思いますが。

とにかく何かしたい。

ウズウズして、もう限界だ。

というか、この暮らしが限界だ。

繁忙期は三月末で終わって、夏の繁忙期まで、少なくとも1ヶ月は休暇貰えたあの頃、カムバック!!

どうしてこんなに忙しいの?と偉い人に訊くと、地球温暖化の影響だねって言われた。

納得!!

納得するかー!!(閑散とした土曜のオフィス街に、窓から絶叫)

誰か飲みに連れて行ってよ。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

kotenpan.jpg

久々の個展、昨日終了しました。

今回は在廊もせず、投げっぱなしで、本当に申し訳ありませんでした。

和室のギャラリーってのは初めてなので、どうなるか不安でしたが、万年床とか引いてもおもしろかったんじゃないかなぁ、なんて、今頃になってアイディアが浮かんできています(笑)

いつものような大がかりなインスタレーションは出来ませんでしたが、軸足を写真に置けたので、これはこれで良かったのかもしれません。

キミが撮ってるように、斜め構図で撮ったよと写真をくれたT氏に感謝。

この写真をバックにライブをしてくれた、沖縄のホールズ氏にも感謝。

本ブログで個展やグループ展の告知をすることはないと思いますが、細々といろいろやってるんで、見かけた方は応援してやってください。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

僕は頭が悪いから

DSC00159.jpg

僕は頭が悪いから、どんなに大切なことや、どんなに辛いことも、忘れてしまう。

だから、大丈夫。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

炎の修学旅行

DSCF0014.jpg

中学高校を問わず、学校生活最大のイベントといえば、修学旅行ってことで、異論はないね?

修学旅行を本当の意味で楽しむためには、2回参加しないとダメだって知ってたかい?

留年して一学年下と一緒に行けって意味じゃない。

そんな旅行、ビタイチ楽しくないだろ!?

一度目は、生徒として参加する修学旅行。

二度目は、教師として参加する修学旅行。

生徒の立場なら、如何に教師の目をかいくぐり、女子の部屋に行くかを考える。

あわよくば、このオポチュニティを最大限に生かして、イッパツ決めてやろうみたいなアンビシャス。

教師の立場なら、絶対に不純異性交遊なんかさせねーぜ!って策を練る。

のこのこ女の部屋に行こうとした奴や、女風呂覗きなんてチャレンジャーを見つけたら、これ見よがしに締め上げて、晒し者にしてやるって闘魂。

この両方を経験しないと、真に修学旅行を楽しんだとは言えないと思うよ。

教師が本気になったら、たぶん生徒は勝てない。

もしこれを読んでる人で、教師の目をかいくぐってメモリー作っちゃった人がいたとしたら、それは教師が手加減してくれたんだよ。

僕も手加減したもの。

写真は、手加減しないヤングブラッドが集まった、旅行最終日。

午前4時のホテルの廊下。

前年に良くない出来事が発生したので、一歩も部屋から出さない気迫の教師たち。

10年以上前の写真だ。



それではオリジナル曲を聞いてください。

「炎の修学旅行」

Em            D             G         B7
タマ袋の毛を抜け! ムケた皮もどせ! 俺はまだ小学6年生
Em            D           G B7 C/D
明日からの修学旅行で笑われないために 今は痛いが我慢しろ!

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

ちょっと愚痴らせろ

写真もないけどな。

+ Read More

ONDC

大阪NKDS童貞クラブ

大阪の街とスナップ写真を愛する写真家集団。馴れ合いは好きだけど、基本的に馴れ合わない(馴れ合えない)ストイックな集団。入退会自由。意思表示として、このバナーを自分のブログやサイトに貼り付けるだけです。NKDSにも童貞にも深い意味はありませんが、そこに意味を求めたいロマンティックウォーリアーズです。

プロフィール

まめ

Author:まめ


大袈裟に言えば、その刹那、僕の琴線に触れたものを、好きなカメラで撮ります。

誰のためでもなく、自分のためでもなく、ただ事実を残したいだけです。

写真は唯一の趣味かもしれません。

できれば、ずっと続けていきたいですが、飽きっぽいので、どうなるか分かりません。

ド素人の癖に、新車2台分くらいは、機材にお金をかけたので、もうちょっと楽しみたいです。

カメラのことは、よく分かりません。

コントラストの効いた写真が好きです。


使用機材

Ricoh GR DIGITAL I,II&III

OLYMPUS PEN E-P1
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII

Panasonic LUMIX GM1

Canon EOS 1Dx
Canon EOS 1D MarkIV
Canon EOS 1D MarkIII
Canon EOS 5D MarkIII
Canon EOS 5D MarkII
Canon EOS 7D
Canon EOS 40D
Canon EOS 20D

Fuji S5pro

Canon

EF24mm F1.4L USM
EF50mm F1.2L USM
EF85mm F1.2L II USM
EF100mm F2.8L macro IS USM
EF135mm F2L USM
EF14-40mm F4L USM
EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F4L USM
EE70-300mm F4-5.6L IS USM

Sigma

30mm F1.4 EX DC /HSM
18-200mm F3.5-6.3 DC
MACRO 50mm F2.8 EX DG
15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM

30mm F1.4 EX DC /HSM
(mount nikon for Fuji S5pro)


当ブログは、リンクフリーです。貼る(張る?)のも外すのも、ご自由に。連絡は不要です。「はてなブックマーク」を利用しているので、申し訳ありませんが、相互リンクはお断ります。

コンタクトはこちらからドーゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ村
月別アーカイブ
カテゴリ