チンチンがなかった / 旅に出るのが難しい / 相変わらず歯が痛い /Amazonアソシエイトでアダルト商品を表示させる方法 / 妻に付けられた最低のあだ名

IMG_4141.jpg

昨日、息子を幼稚園に迎えに行くと、開口一番、チンチンついてた!?と訊かれた。

妻のお腹の中にいる子どもの話だ。

昨日の検診で性別が分かる筈だったのだ。

しかし分からなかった。

チンチンは見えなかったと言うと、息子は「ほらね?」と笑った。

彼は妊娠を告げた瞬間に、生まれてくるのは女の子だと言い切ったのだ。

元気で生まれてくれさえすれば、正直性別はどっちでも良いんだけど、このご時世、女の子を育てるのは厳しいなぁと思っていたので、多少動揺もしていた。

妻も「まぁ2センチンポの子どもやから、小さくて見えないだけかも」と言っていたが、やっぱり少しはショックだったようだ。

ちなみに「2センチンポ」というのは、去年末から妻が僕につけたあだ名だ。

最低だ。

こんな酷いあだ名を聞いたことがない。

去年の年末、使っていない和室が結露でカビてしまって、置いてあった椅子にもビッシリとカビが発生していた。

部屋や家具を一生懸命掃除して、その椅子は風呂場で洗うことになった。

カビキラーやら洗剤やらで、何とかキレイになったんだけど、もちろん椅子はズブ濡れ。

このままベランダに干しても、すぐには乾かないのではないかと、妻は言った。

確かに座る部分や背もたれは、相当な水を含んでいた。

さてどうするべ?と思った時、まったく躊躇なく妻は言い放った。

「あんたが座れば、水が出てくるんじゃない?」

一瞬、耳を疑ったね。

真冬ですよ?

真冬に水浸しの椅子に座れと言うんですよ?

しかしね、ここで拒否したら、長い長い地獄が口を開くので、僕に拒否権なんかないのですよ。

すぐに全裸になって、水浸しの椅子に座りました。

久々に惨めな気持ちになれました。

頑張って座って姿勢を変えたり、体重を掛ける場所を変化させたりしてたんですけど、寒いと男はチンチン、縮こまるんですよ。

プールから出てきたら、萎縮しちゃってる記憶あるでしょ!?

あれの酷いバージョンです。

妻は爆笑しながら僕を見てました。

というか、腹を抱えて笑いながら、僕のチンチンを見てました。

「めりこんでるやん!そんな形状の見たことない!2センチしかないやん!2センチンポやん!」

もう大喜びです。

2センチは言い過ぎだろ!?と言うと、何ならメジャーで測ったろか?と言われたので、余計に惨めになることを回避するために断りました。

嗚呼。

それはそうと、アマゾンのアソシエイトでアダルト商品というか、個別商品が出てこない時があるってこの前書いたんですけど、あれ、やり方間違ってました。

アソシエイトのページじゃなくて、アマゾンの商品ページでリンク作れるんですね。



スウェーデンでポルノを連想するとか、相当オッサンが作ってますね。

あの国に飛ばされた僕からすれば、ポルノ大国なんて嘘ですからね。

ありゃウーマンリブが間違って報道されただけなんですよ。

これ、凄くいい作品なんですけど、めちゃくちゃ種類出てます。

出てますが、基本全部同じ内容なんで、好みの女優さんのを一つ見たら、もう後は見なくて良いです(笑)

スウェーデンではありませんが、この夏、息子と二人旅に出ようと画策してました。

まだ妻には内緒なんですが。

それが様々な事情で、どうやらムリっぽいムードで、ちょっと凹んでます。

行き先は、何度か行った場所ですが、本当に好きな、アメリカのアラスカ州です。

写真は、初めて行った時に撮りました。

アンカレッジです。

EOS20Dとシグマのズームレンズ、写真を始めた頃ですね、懐かしい。

相変わらず歯が痛いです。

歯が痛いですが、まだ職場です。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

想像力が権力を奪う~消えたピンクチラシ~

_MG_0265.jpg

そういえば、デリヘルのチラシ、いわゆるピンクチラシって消えたよね?

ポストに入ってたり、電話ボックスに貼ってあったやつ。

一週間ぶりに一人暮らしの自宅その1に帰宅してポストを見たんだけど、もちろん一切入ってなくて、ずいぶんと見ないなーって思った。

まぁ自宅その1も、オートロックのファミリータイプで、ポストの前には管理人室があるから、不可能なのかもしれないけれど(一回も入れられたことがない)

写真は10年前。

この頃は1LDKの単身者用マンションだったし、ポストまでも侵入し放題だったから、毎日毎日山のように入ってたのかな?

大阪市内ど真ん中だったしね。

こういうの刷ってくれる印刷屋もなくなったらしいよ。

でも一番の原因は、ネットの普及だろうなぁ。

わざわざチラシを見て電話なんかする必要ないもの。

スマホ一つあれば、もっとたくさんの情報が手にはいるし、その店が地雷か否かも検索できる。

でもノスタルジーって訳じゃないけど、こういうチラシというか、紙に印刷されたものに郷愁を感じるんだよね。

何でもかんでもネットで完結って、どうなんだろう?

写真だって、ほとんどモニタで眺めてるもんね。

一枚のチラシが、色んなイメージをかき立ててくれた筈なんだけど、そういう想像に使っていた脳味噌って、もうずいぶんと使わなくなってる。

想像力は創造力ってのは、僕の持論なんだけど、偉そうなこと言ってる僕自身、単なるお題目になっちゃてるのも否めない。

安易にお試し動画で抜いちゃうような、そういうお手軽な行為の積み重ねが、人からクリエイティビティを奪ってる気がする。

クリエイター(笑)を名乗るなら、人と同じお試し動画で抜いちゃダメなんだよね。

そういう意味では「AVは見るものじゃない、撮るものだ!」って名言を残して、現在服役中の福江くん(本名)の姿勢は、見習うべきかもしれない。

今でもあるのかな、ピンクチラシ。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

世界は僕の手の中に

_MG_0005b.jpg

打ち合わせと称する、オッサンどものケンカとその後の愚痴に付き合わされて、スマホを見ればもう午前1時前。

ヒートアップする勢力争いに口出す気力もなく、勝手にドンペリ注文してやった。

まぁ手練手管はウチの上司が一枚上手だねと思いながら、新鮮なフルーツ+ドンペリで、結局ほぼ一人でボトル空けた。

少し酸っぱいイチゴとの組み合わせが美味かった。

こ洒落たバーで、何時間もオッサンの口論を聞き流しながら、何となく、どこか外国に行きたいなぁと思った。

一人の家に戻って、仕事部屋の地球儀を弄ぶ。

ここ数年、本当に仕事以外で海外に行けてない。

時間がないのか、それともカネがないのかと自問したけれど、たぶん、行く気がないのだと気づいた。

刺激を求める気持ちが、明らかに萎れていた。

僕はもう、オッサンなのだ。

残念。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

おうちへかえろう



スナップ写真撮りながら帰ろう。

BGMはユニコーンのヒゲとボインあたりで。

暑いときは邦楽がいいよ。

開店休業とか幸福の気怠さがいいね。

それでは明日は会社休みます。

今決めました。

居酒屋ももう閉店です。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

僕は頭が悪いから



オフシーズンのアンカレッジ空港で、泣いていた女性。

辿り着いた北極圏の入り口で、僕は何の高揚感もなく、近くに座って同じように泣いた。

入国審査より先に、ポケットに入りそうなソニーのバイオで、メールをチェックした。

気軽に使えるWi-Fiとかない時代で、ローミングの携帯に有線で繋いでたっけ。

薄暗い空港で読んだメールは、決して泣くような内容ではなく、むしろ当時の僕としては「困ったな」と思う文面だった。

ちゃんとがんばって暮らしていたら、お部屋を綺麗に整えていたら、おいしいご飯を作っていたら、空を見て、夕焼けを見て、あなたを思って、毎日を大切に笑顔で過ごしていたら、そんなわたしの世界にいつか、あなたの方から来たいと思ってもらえるようにならないかなぁなんて、ささやかだけど、とびきり贅沢な夢を見ていました。

もう10年以上前の出来事で、それが事実だったのか、思い出すのも困難になってきた記憶。

感情は残るが、事実は霞んでしまう。だから詳細な事実だけを残す日記以外は、日記として無意味だ。

そんな言葉をくれたのは誰だっけ?

曰く言い難いマイナスの気持ちと、冬が近づくアラスカの空気だけは、何となく思い出せる。

写真があれば、テキストがあれば、事実は色褪せないと思っていたけれど、事実は曖昧で、当時の感情と記憶はリンクせず、今頃になって感傷的になるなんてお笑いだ。

僕は頭が悪いから、撮らないと忘れてしまう。

そう思っていたけれど、僕は撮ったところで、忘れてしまうのだ。

でも、それで良いのかもしれない。

良いのかもしれないと思えるくらい、僕は十分大人になったようだ。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

普通の女の子を撮る難しさ



普通の少女を普通に撮るのが、実はけっこう難しい。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

素朴な疑問、滝に打たれる修行編



滝に打たれる修行ってあるでしょ?

いつも思うのは、寒いのは我慢できるとして、上から丸太とか落ちてきたら、修行以前に命落とすんじゃね?ってことです。

命を落とすリスク込みで、あの修行なのかしら?

昔、滝壺で釣りをしてた時に、上から当たったら下手したら死ぬレベルの木が落ちてきたことあって、それ以来の疑問なんだけど。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

失っても惜しくない



頻繁に物をなくす僕です。

写真の時計、安物なんだけど気に入っていた、カシオのデータバンク。

これ、いつの間にか紛失してた。

ここ最近、なくしたなぁって思っているのは、ビームスのニットキャップ(二種類)、シグマのレンズ、ジッポーのライター、アディダスのジャージ、そしてこの時計。

特に必死で探している訳じゃないけれど。

僕って基本的に、大切だと思っているものを失っても、大して嘆いたりしないのかもしれない。

なくなるものはなくなるんだって感じ?

たぶん、ものじゃなくて人であっても、同じ感情なんだろう。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

ガンプラの夢



ガンダムのプラスチックモデルを略してガンプラっつーのは、僕が子どもの頃から定着した名称なんだよね。

当時はガンプラ品薄だったんだよ。

ほんと買えなかった。

あの頃のプラモデルって、今見たら笑っちゃうような造形なんだけど、それでも憧れたもんですわ。

夢があった。

塗装も頑張ったよね。

エアブラシとかとても買えないから、スプレー使ったり。

今じゃジョーシンのキッズランドで、毎日2割引で手に入る幸せ。

最近知ったんだけど、作ったガンプラの写真を自慢できるサイトがあるんだよ。

ガンプラの写真で、略して「ガン写!(がんしゃ)」ってサイト

いやびっくりした。

普通にサプライズ。

ガンシャって何!?って思った。

凄いネーミングセンスだよね。

良い意味でやられた!って思ったよ。

シモネタ書くと、途端にブログ村の投票数が減るけど、それでも書かなくちゃいられないと思った。

みんな愛情を持ってガンプラを作ってるのが伝わってくる。

ケロロ軍曹で出てきた「超絶プラモ大魔王」だって、上手い下手より、楽しく作れ!って言ってたもんね(ガン写のは巧いよ)

僕も残業は控えて、またガンプラを作りたいであります!(写真は自宅その1のトイレ)

僕はエロい意味でのガンシャより、こっちのガンシャの方が好きだぜ。

顔射って、結局最後自分の手で終わるじゃん!?

↓↓☆シモネタだけど押してね☆↓↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

「もし生まれ変わったら」なんて 目を輝かせて言ってたくない



とはいえ、もう来世に期待するしかない現状じゃ、ジョンレノンに軽蔑されても、空想の世界に逃げ込むしか方法はないのですよ。

人は空想の世界に逃げ込めば終わりだって、それくらい分かっているのですけど。

次に生まれてくる時は、お前ら全員、誰一人とも会いたくない!!

僕の願いはそれだけです。

たったそれだけ。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
ONDC

大阪NKDS童貞クラブ

大阪の街とスナップ写真を愛する写真家集団。馴れ合いは好きだけど、基本的に馴れ合わない(馴れ合えない)ストイックな集団。入退会自由。意思表示として、このバナーを自分のブログやサイトに貼り付けるだけです。NKDSにも童貞にも深い意味はありませんが、そこに意味を求めたいロマンティックウォーリアーズです。

プロフィール

まめ

Author:まめ


大袈裟に言えば、その刹那、僕の琴線に触れたものを、好きなカメラで撮ります。

誰のためでもなく、自分のためでもなく、ただ事実を残したいだけです。

写真は唯一の趣味かもしれません。

できれば、ずっと続けていきたいですが、飽きっぽいので、どうなるか分かりません。

ド素人の癖に、新車2台分くらいは、機材にお金をかけたので、もうちょっと楽しみたいです。

カメラのことは、よく分かりません。

コントラストの効いた写真が好きです。


使用機材

Ricoh GR DIGITAL I,II&III

OLYMPUS PEN E-P1
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII

Panasonic LUMIX GM1

Canon EOS 1Dx
Canon EOS 1D MarkIV
Canon EOS 1D MarkIII
Canon EOS 5D MarkIII
Canon EOS 5D MarkII
Canon EOS 7D
Canon EOS 40D
Canon EOS 20D

Fuji S5pro

Canon

EF24mm F1.4L USM
EF50mm F1.2L USM
EF85mm F1.2L II USM
EF100mm F2.8L macro IS USM
EF135mm F2L USM
EF14-40mm F4L USM
EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F4L USM
EE70-300mm F4-5.6L IS USM

Sigma

30mm F1.4 EX DC /HSM
18-200mm F3.5-6.3 DC
MACRO 50mm F2.8 EX DG
15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM

30mm F1.4 EX DC /HSM
(mount nikon for Fuji S5pro)


当ブログは、リンクフリーです。貼る(張る?)のも外すのも、ご自由に。連絡は不要です。「はてなブックマーク」を利用しているので、申し訳ありませんが、相互リンクはお断ります。

コンタクトはこちらからドーゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ村
月別アーカイブ
カテゴリ