父になれない



7年前の娘。

僕は彼女の「弟の父親」にはなれたけれど、彼女の父親にはなれていない。

このままずっとなれないんだろう。

ほんと人生ってのは、思い通りにならないもんだ。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

君は緑の風に乗る

もう一度、カレーライスが食べたかった



美味しいカレーライスが食べたい。

カレーライス。

カレーじゃなくて、カレーライス。

使い込んだアルマイトの食器で出てくる、学食のカレーライスみたいなの。

あるいは、小学校の給食で食べたカレーライス。

もう味なんか記憶もしてないけれど、美味しかったと思う。

家で作るんじゃなくて、お店のを食べたい。

一番食べたいのは、この写真のサイコロステーキカレーに目玉焼きのせ。

学食のカレーライスとは、ちょっとイメージ違うけれど。

でも僕は、カレーライスが食べられない。

胃が痛いんだ。

胃が不快なんだ。

毎日胃薬を飲まないとやってられない老い具合。

酔っぱらって石でも飲んだんじゃね?ってくらい、胃が重い。

胃が重いけど、空腹にはなる。

空腹にはなるけれど、食べることはできない。

もうすぐランチタイムなのに、飲んだ翌日は夕方まで食べられない。

どんなに暴飲暴食しても、数時間後にはカモン!と僕に手招きをした、ティーンの頃の胃袋よ。

もしもう一度きみに出会えるなら、僕は心の底から、きみを抱きしめたい。

信じられるかい? 今の僕は、会席料理で満腹になっちゃうんだよ。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

Because not everyone would want to live the way that you live.

_MG_5776.jpg

So I can learn to cope, and I learn to forgive.
Because not everyone would want to live the way that I live.

割とどーでもいい。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

雪、駅、少女

_MG_9632.jpg

僕がまだ写真に興味もなく、ましてや自分が撮影するなんて、夢にも思ってなかった頃。

一つの広告に、目を奪われた。

荒木経惟氏が撮った、JRの青春18きっぷのポスターだ。

当時の僕は、荒木経惟氏という写真家の存在すら知らなかった。

ただ圧倒的な力、世界観、そして曰く言い難い、郷愁のような感情を、その広告から受けた。

シリーズ化された広告は、後に「旅少女」という一冊の写真集になったが、登場する少女たちの精神的な背景がきちんと描かれた、素晴らしい写真集だった。

そういう奥深さがあったからこそ、その何枚かを切り取ったポスターやフライヤーに、心を動かされたんだなぁと理解したのは、随分と後になってのことだった。

少女達のバックグラウンド。

そういうものを考えず、ただ駅に少女を置いたって、旅少女の足下にも及ばない。

自分の写真ももちろんだけど、旅少女を真似た他人の写真を見ても、陳腐さしか伝わってこない。





にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

顔のない写真

少女を撮る気持ち

14歳

線路

_MG_0910.jpg

そのレールがどこに向かうのか、どこまで続くのか、僕はもう知っている。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

てへぺろ(ゝω・)

_MG_5242.jpg

底辺の生活を強いられる僕はですね、この時間ももちろんブラック企業の本社で勤労中なのですよ。

その僕に「リッピーを冒涜する記事をアップするな!んで、何で佐々木希やねん!?」とわざわざ電話してきた村上Y一氏(某一部上場企業大阪本社勤務。うちみたいなブラックではなく、ホントの大企業に勤務する勝ち組。でもどうしようもない変態。精神異常者。素人童貞で49歳のどうしようもないジジィ)のリクエストにより、ホンモノの飯田里穂ちゃんの画像をアップします。

奇特なというか、おそらく唯一の、この「GR biyori」ファン(というかマニア)なM上雄一氏は、明らかに酔っぱらっておりました。

友達もいねー癖に、何酔ってるんだ!?って感じですね。

僕も死んだ方が良い人間だけど、村K雄一氏も、今すぐ死んだ方が良い人種です。

村上雄○氏に比べたら、僕なんか善良な一市民だもの。

でもこれって載せて良いのかしら?

公開するな!的な注意はされなかったと思うのですが、昔の話なので記憶も曖昧です。

ダメだったらメールください。

2009年4月に撮影しています。

僕的には、最初で最後の撮影会です。

2009年かー、あの頃に戻りたいなぁ。

僕はまだマトモだったし、目の前で僕だけに「Heart に Skip!」を生で歌ってくれたりっぴーも、現役高校生だった。

ちなみに村上雄一氏は、徳島の剛くんに匹敵するくらいのキモヲタです。

無人島でりっぴーと僕と彼の三人しかいなかったら、絶対にりっぴーは僕を選んでくれると断言できるくらいの気持ち悪さ。

大切な友人です。

あ、勢い余って本名書いちゃった!

ごめんよ、オッサン!てへぺろ(ゝω・)



にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

ONDC

大阪NKDS童貞クラブ

大阪の街とスナップ写真を愛する写真家集団。馴れ合いは好きだけど、基本的に馴れ合わない(馴れ合えない)ストイックな集団。入退会自由。意思表示として、このバナーを自分のブログやサイトに貼り付けるだけです。NKDSにも童貞にも深い意味はありませんが、そこに意味を求めたいロマンティックウォーリアーズです。

プロフィール

まめ

Author:まめ


大袈裟に言えば、その刹那、僕の琴線に触れたものを、好きなカメラで撮ります。

誰のためでもなく、自分のためでもなく、ただ事実を残したいだけです。

写真は唯一の趣味かもしれません。

できれば、ずっと続けていきたいですが、飽きっぽいので、どうなるか分かりません。

ド素人の癖に、新車2台分くらいは、機材にお金をかけたので、もうちょっと楽しみたいです。

カメラのことは、よく分かりません。

コントラストの効いた写真が好きです。


使用機材

Ricoh GR DIGITAL I,II&III

OLYMPUS PEN E-P1
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII

Panasonic LUMIX GM1

Canon EOS 1Dx
Canon EOS 1D MarkIV
Canon EOS 1D MarkIII
Canon EOS 5D MarkIII
Canon EOS 5D MarkII
Canon EOS 7D
Canon EOS 40D
Canon EOS 20D

Fuji S5pro

Canon

EF24mm F1.4L USM
EF50mm F1.2L USM
EF85mm F1.2L II USM
EF100mm F2.8L macro IS USM
EF135mm F2L USM
EF14-40mm F4L USM
EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F4L USM
EE70-300mm F4-5.6L IS USM

Sigma

30mm F1.4 EX DC /HSM
18-200mm F3.5-6.3 DC
MACRO 50mm F2.8 EX DG
15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM

30mm F1.4 EX DC /HSM
(mount nikon for Fuji S5pro)


当ブログは、リンクフリーです。貼る(張る?)のも外すのも、ご自由に。連絡は不要です。「はてなブックマーク」を利用しているので、申し訳ありませんが、相互リンクはお断ります。

コンタクトはこちらからドーゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ村
月別アーカイブ
カテゴリ