ノロウィルスだってよ。

15672597_1263038690443222_2511883063550498138_n.jpg

野呂圭介(元祖どっきりカメラ)

野呂一生(ギタリスト)

僕ら世代は、野呂といえば、このお二方をまず思い浮かべるワケですよ。

AKBの人はよく知らない。

ノロですねー絶対にノロですねー点滴打っときましょーかーと言われて、本日は遅刻&早退。

明日は朝から出勤して、今度こそバイオテロを起こしてきます。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

お弁当男子



こう見えても(どう見えてんだゴルァ!?)、料理の出来る僕です。

男の料理!みたいな思いつきだけの雑な料理ではありません(大学の頃、ダブルスクールで調理師学校に少し通いましたので)

ちなみに弁当男子なんて言葉が出来る遙か以前から、自分の弁当を作っていました。

最初の記憶はたぶん高校生の頃ですね。

オカンの作ってくれるルーティン弁当に若干飽きた+学食にも飽きたってのが、作り始めた理由です。

最近、オフィス周辺の昼飯にもさすがに飽きてきたので、また弁当を作ろうかと思ったり、思わなかったりしています。

弁当を作るときって、生活リズムがきちんとしていないとダメなんですよね。

寝起きに慌てて作るなんて状況だったら、そこらの店に行きますもの。

食べるのが目的じゃなくて、作るのが目的なんですから。

手段を目的化する、つまり弁当作りってのは、趣味なのですよ。

しかし大問題が一つ。

僕が料理をするのは、自宅その2だけです。

自分が食べるのではなく、子どもたちのために作る感じ。

自宅その1には、弁当箱どころか、鍋も包丁もないのです。

弁当箱だけでなく、調理器具を一通り揃えるとなると、丸一日は潰れます。

包丁と鍋類は道具屋筋、弁当箱と箸、細々した器具はハンズ、この先の季節だと、スープジャーも欲しいですよねー。

もちろん弁当を入れるトートバックや、ランチョンマットも必要です。

それが面倒。

弁当は作りたいが、道具から買うのが面倒なのですよ。

あ、包丁はいいのを買った方がいいですよ?

絶対に日本製。

僕、京セラの包丁を愛用してました。

そんなこんなで、まだ弁当作りまでの道のりは遠いのですが、弁当を入れるトートバックを、まずは購入しました。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

聖水



ちょっと前に話題になった、お嬢様静水が大量に捨てられていた。

未開封。

思っていた聖水と違ったから捨てたのかしら?

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

エサ



大の大人がこんな時間まで働いて、こんなもん食うとか、ド底辺にも程があるよねー。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

西成警察

20160722114506207.jpeg

警察前の行列。

街が老いていくのをもの凄く実感する場所。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

出会えて良かったと、心から思える



仕事で京都に来たついでに、安西水丸展を見てきた。思った以上に人が来ていた。

どうしても実物を見たいと思った、小説「70パーセントの青空」の表紙が、いきなり展示されていた。30分くらい凝視していた。ルーブル美術館でモナリザを見ても、あーモナリザだーとしか思えなかった僕が、「70パーセントの青空」を見て、ちょっと泣いた。絵を見て泣いた自分に驚いた。曰く言い難い想いが込み上げてきて、我慢できなかった。たぶん誰に言っても理解して貰えない感情だ。

「70パーセントの青空」ってのは、僕にとっては、本当に特別な作品だ。大袈裟な表現ではなく、この作品に出会わなければ、僕は絶対に違う人生を歩んでいたと断言できる。他の作品は「70パーセントの青空」に登場する卒業制作と、初期の広告だけを見て、足早に美術館を出た。

今日はもう、何の情報も頭に入れたくない。静かな店で、安西水丸の好きな日本酒でも飲んで、余韻に浸りたい。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

懐の狭さが自慢です



今だから言える「ごめんなさい」って、言われた方は許してくれるんだろうか?

まだバリバリ昭和だった頃だけど、オロナミンCの空き瓶で火炎瓶作って遊んでいて、新築のモデルハウスを全焼させたくせに、全部他人に罪を押しつけて逃げた川上さんとこの次男とか、今さら「ごめんなさい」とか言えちゃうんだろうか?

今だから謝罪できるって、何だか軽薄だと思わないかい?

僕は絶対に許さない。

僕は絶対に、自分がやられたことは許さない。

そういう懐の狭さが、僕のウリです!(胸を張って)

でも、僕も今だからごめんって叫んでみようかな。

謝罪せにゃならんことはヤマほどあるし。

聞いてる人全員をドン引きさせる自信はあります!

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

オフィシャルTシャツを着た日々



とある国での出張中に、同僚が撮った僕。

休日でスーツ以外を着たくてチョイス。

誰も分からないだろ?と思って着たら、まさかの知名度で、現地人に話しかけられまくった。

今年の夏は、他のオフィシャルTシャツも、普通に着てやる所存。

TENGAることを、ライフワークにしていきたい。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

連休でも働いてるのは、君だけじゃないし、もちろん僕だけじゃない。



いつもより混雑が緩和された地下鉄。

日本橋で谷町線に乗り換えようとしたら、ホームに見慣れた顔が。

知り合いだっけ?と脳内アドレス帳をめくるが、知り合いではない。

誰だっけ?と一瞬考えて分かった。

心斎橋の戎橋の上で無心しているホームレスだ。

紙袋の中に、商売道具である、段ボール製のメッセージボードが折りたたまれている。

おっさん、忙しい忙しいと呟いていた。

呟くというよりは、見えない誰かに向かって話しかけるボリュームだ。

彼も働いているんだろう。

電車賃どうしてるんだろう?なんてのは愚問。

何度か見たけど、駅員さんはホームレスっぽい人が自動改札を突破しても、基本スルーしている。

レゲエっぽいスタイルになると、電車はタダという、驚愕のシステムが都市には存在するのだ。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

ほっといてください



朝から胸くそ悪いポスターを見ました。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
ONDC

大阪NKDS童貞クラブ

大阪の街とスナップ写真を愛する写真家集団。馴れ合いは好きだけど、基本的に馴れ合わない(馴れ合えない)ストイックな集団。入退会自由。意思表示として、このバナーを自分のブログやサイトに貼り付けるだけです。NKDSにも童貞にも深い意味はありませんが、そこに意味を求めたいロマンティックウォーリアーズです。

プロフィール

まめ

Author:まめ


大袈裟に言えば、その刹那、僕の琴線に触れたものを、好きなカメラで撮ります。

誰のためでもなく、自分のためでもなく、ただ事実を残したいだけです。

写真は唯一の趣味かもしれません。

できれば、ずっと続けていきたいですが、飽きっぽいので、どうなるか分かりません。

ド素人の癖に、新車2台分くらいは、機材にお金をかけたので、もうちょっと楽しみたいです。

カメラのことは、よく分かりません。

コントラストの効いた写真が好きです。


使用機材

Ricoh GR DIGITAL I,II&III

OLYMPUS PEN E-P1
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII

Panasonic LUMIX GM1

Canon EOS 1Dx
Canon EOS 1D MarkIV
Canon EOS 1D MarkIII
Canon EOS 5D MarkIII
Canon EOS 5D MarkII
Canon EOS 7D
Canon EOS 40D
Canon EOS 20D

Fuji S5pro

Canon

EF24mm F1.4L USM
EF50mm F1.2L USM
EF85mm F1.2L II USM
EF100mm F2.8L macro IS USM
EF135mm F2L USM
EF14-40mm F4L USM
EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F4L USM
EE70-300mm F4-5.6L IS USM

Sigma

30mm F1.4 EX DC /HSM
18-200mm F3.5-6.3 DC
MACRO 50mm F2.8 EX DG
15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM

30mm F1.4 EX DC /HSM
(mount nikon for Fuji S5pro)


当ブログは、リンクフリーです。貼る(張る?)のも外すのも、ご自由に。連絡は不要です。「はてなブックマーク」を利用しているので、申し訳ありませんが、相互リンクはお断ります。

コンタクトはこちらからドーゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ村
月別アーカイブ
カテゴリ